COMPLETE SELECTION MODIFICATION 開発者ブログ

カブトゼクターが届き始めて、次は!?

2014/09/16(火)

スーパームーンを見逃しました。
どうもYSです。

先週より、『COMPLETE SELECTION MODIFICATION KABUTOZECTER
(コンプリート セレクション モディフィケーション カブトゼクター)』(=CSMカブトゼクター)
1次受注分が、皆様のお手元に届き始めてます。
昨日までの3連休は、You tubeでの開封レビュー やSNSでの皆さんのコメント見させて頂きました。
今後のCSM商品開発の参考にさせて頂きます。

ん!?今後のCSM商品開発・・・

そう!CSMシリーズはこれで終わりではありません!
只今、絶賛開発進行中です!!

そうなると、次に何が商品化されるか気になりますよね。

これまで仮面ライダーダブルのシリーズで4点商品化した流れからすると、
次は仮面ライダーカブトのシリーズが続くのか!?
はたまた・・・・

発表は、9/24のプレミアムバンダイサイトまたは本サイト(CSM専用サイト)をご確認下さい。

次回のブログは9/22更新予定です。

それではまた。

間もなく配送開始!

2014/09/08(月)

蝉の鳴き声がいつの間にか聞こえなくなり、すっかり秋ですね。
どうもYSです。

ついに、ついに工場からCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ
(コンプリート セレクション モディフィケーション シリーズ)』(=CSMシリーズ)カブトゼクターの商品が会社に届きました!

 写真は、届いた商品です。
image003

 1次受注(9月配送分)をご注文された皆様、皆様の分もちゃんと倉庫に納品され 間もなく配送を予定しております。 もうしばらくお待ち下さい。

 秋の夜長に、CSMカブトゼクターで遊ぶのもいいですね。 
 来週の月曜は「敬老の日」でお休みなので、次回は翌9/16更新予定です。

T2ジョーカーメモリ

2014/09/01(月)

16番目の新ライダー「仮面ライダードライブ」がついにお披露目されましたね。
放映開始がとても楽しみです。
どうもYSです。

夏休みも終わりましたが、これまで発売されたCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ
(コンプリート セレクション モディフィケーション シリーズ)』(=CSMシリーズ)から
こだわりポイントを振り返ってご紹介します。

おまけ回の今回は、CSMシリーズで「ロストドライバー」と「ファングメモリ」を両方購入した時の
特典だった「T2ジョーカーメモリ」についてです。

image002

目を惹くのは、やはりホロシールの輝きですね。
T2ジョーカーメモリに限ったことではありませんが、このホロシールはこれまでのCSMシリーズの
ガイアメモリ全てに使用しております。

ホロシールって一言で言ってますが、実は様々な種類があり、CSMガイアメモリに使うホロシールを選ぶのもとても悩みました。
何パターンものサンプルを見て、イメージに合うものを探していきます。
素材選びは、イメージに合うものが見つからないことも多いですが、それが楽しいところだったりするんですよね。

ホロシールは、今後のアイテムにも積極的に使っていきたいと思います。

今後のアイテムということで、カブトゼクターの次のアイテムを今、色々と計画しています。
近いうちにご報告できると思うので楽しみにしていて下さい。

次回、9/8更新予定です。

墨入れ彩色について

2014/08/25(月)

子供たちは夏休みが残り1週間になり、宿題に追われていることでしょう。
なんだか懐かしいですね。
どうもYSです。

夏休み特別企画の最終回、これまで発売されたCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ
(コンプリート セレクション モディフィケーション シリーズ)』(=CSMシリーズ)から
こだわりポイントを振り返ってご紹介します。

最終回の今回はCSMシリーズ第4弾「ロストドライバー」です。

ロストドライバーでお伝えしたいポイントは、「墨入れ彩色」についてです。

IMG_0556

ご存知の方も多いと思いますが、墨入れの工程を簡単にご説明します。
墨入れの工程は、まず墨入れをしたい箇所に黒やグレーといった濃い色を塗っていきます。
はみ出しても問題ありません。
そして、はみ出した部分をふき取り、溝や隅の部分だけの色を残すようにします。
この工程は非常に難しく、一つ一つ手作業なので時間もかかります。
ただ、この彩色のおかげで、商品に陰影が付き、使用感を出すことができ、
存在感をグググッと引き立てることができています。
この技法は、CSMシリーズ全てに使われており、これからも使っていきたいと思います。

CSMロストドライバーの仕様をもっと知りたい方はこちらをチェック!

次回、9/1更新予定です。

それではまた。

ファングメモリの目と口について

2014/08/18(月)

夏休みを頂き完全にリフレッシュをしました。
どうもYSです。

今回も夏休み特別企画、これまで発売されたCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ
(コンプリート セレクション モディフィケーション シリーズ)』(=CSMシリーズ)から
こだわりポイントを振り返ってご紹介します。

3回目の今回はCSMシリーズ第3弾「ファングメモリ」です。

ファングメモリでお伝えしたいポイントは、ファングメモリの口と目についてです。

IMG_0488
まずは口から。
DX版では、口は開閉しない形状になっておりましたが、
CSM版では、新規で頭のパーツを作り、下あごのパーツを別パーツにすることで
口の開閉を実現致しました。
ただ、下あごの取り付け方法をどうするか、口を開ける角度は何度なのか、口の中はどうなっているのか。
わからないことが多く試行錯誤しながら、いくつも試作を作りました。

続いて、目についてです。
ファングメモリに目なんてあったか?と思う方もいるでしょう。
ここで目と言っているのは、メモリ状態でダブルドライバーに装填した時に現れる
こちらの目です。

IMG_0489
DX版では、目は足にある穴からのぞき見ないと見えづらいので、目立っておりませんでしたが、
CSM版では初めから穴に目のパーツを付けることで、ファングに変身した後に迫力を出すことができました。

CSMファングメモリの仕様をもっと知りたい方はこちらをチェック!

次回、8/25更新予定です。

それではまた。