COMPLETE SELECTION MODIFICATION 開発者ブログ

アクセルドライバーのクラッチレバーについて

2014/08/11(月)

お盆ですね。
クラゲが出る前に海に行きたいと思います。
どうもYSです。

今回も夏休み特別企画、これまで発売されたCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ
(コンプリート セレクション モディフィケーション シリーズ)』(=CSMシリーズ)から
こだわりポイントを振り返ってご紹介します。

2回目の今回はCSMシリーズ第2弾「アクセルドライバー」です。

アクセルドライバーでお伝えしたいポイントは、
クラッチレバーに金属(ダイキャスト)を使用したことです。

IMG_0479

素材を変えることで、重量感、本物感にこだわりました。
個人的には、クラッチレバーを握った時の手に伝わるヒンヤリ感がたまらないです。

CSMアクセルドライバーの仕様をもっと知りたい方はこちらをチェック!

カブトゼクターにもダイキャストを使用しておりますので、ご注文された方はお楽しみに。
次回、8/18更新予定です。

それではまた。

ダブルドライバーのベルトの帯部分について

2014/08/04(月)

暑い日が続きますね。
熱中症にはお気を付け下さい。こまめな水分補給が重要です。
どうもYSです。

今回は夏休み特別企画として、これまで発売されたCOMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ
(コンプリート セレクション モディフィケーション シリーズ)』(=CSMシリーズ)から
こだわりポイントを振り返ってご紹介します。

今回は記念すべきCSMシリーズ第1弾「ダブルドライバー」です。

CSMダブルドライバーとDXダブルドライバーとの大きな違いは、
形状、サイズ、素材と色々と違いはありますが、
今回お伝えしたいポイントは、ベルトの内側に使用している革のベルト帯部分についてです。

腰に巻いてしまうと見えないベルトの内側にもこだわり、
ベルトの内側部分に革を使用しております。
この革は、合皮ではなく本革を使用して本物であるこだわりと、高級感を演出しています。

IMG_0301

CSMダブルドライバーの仕様をもっと知りたい方はこちらをチェック!

また、新たなベルトを発売するときは、新たな素材に挑戦してみたいと思います。お楽しみに。

次回、8/11更新予定です。

それではまた。

新パッケージデザイン その②

2014/07/28(月)

花火の季節ですね。
バンダイの本社からは、隅田川の花火がよく見えます。
どうもYSです。

今回は、以前お伝えした新パッケージに使うシートのデザインをついに公開します!
以前のブログをご覧になっていない方はこちらをチェック≫新パッケージデザイン

こちらが、新パッケージデザインです。赤い部分がシートになっております。
CSKB_5001_all
この仮面ライダーカブトの顔が描かれている蓋を外すと・・・・

なんと!

仮面ライダーカブトの腰の部分がアップでデザインされております!
IMG_0248

さらに、カブトゼクターの部分がカブトゼクターの形で窓があいており、
収納されているカブトゼクター本体が見える仕様になってます。
IMG_0246

以前、ブログでもご紹介しましたが、当時の『変身ベルトDXカブトゼクター』のパッケージも
窓があいており、今回のシートはそのオマージュ的仕様になっております。
以前のブログをご覧になっていない方はこちらをチェック≫DX版カブトゼクターとの比較

次回は、8/4更新予定です。

それではまた。

工場から帰ってきました

2014/07/22(火)

工場の敷地内にはマンゴーがたわわに実っておりました。
どうもYSです。

先週1週間、工場へ出張して参りました。
行ったときには、既にサンプル用の成形が終わっていたので
今回も彩色の工程をもう少し追加レポートします。

早速ですが、このパーツなんだかわかりますか??
IMG_0200

正解は・・
KZCM_0211
ベルトの帯パーツでした。
蛇腹になっているパーツを一つ一つバラバラにするとこのようになり、
一つ一つ丁寧に彩色がされております。

続いて【顔パーツの彩色】
IMG_0192
目と金色はまだ塗られていませんが、いい感じでメタリックレッドが塗られています。

続いて【墨入れサンプルチェック】
IMG_0193
これは、墨入れしたサンプルをチェックしていることろです。
作業工程を見てきましたが、墨入れは難しく時間のかかる作業だと改めて実感しました。

次回は、7/28(月)更新予定です。
それではまた。

工場よりお伝えいたします

2014/07/14(月)

先週水曜から工場に出張しております。
どうもYSです。

カブトレッドの色、いい色が出ました!
でも、この色が出るまでなかなか大変でした。
まず、工場に到着してすぐに修正をお願いしていたメタリックレッドを確認しましたが
日本で確認していたサンプルよりもレッドの色が濃く暗い色になっていて、
ラメ感もまだまだ足りませんでした。

その後、工場の方には何度も調整してもらい、まずラメ感が先に合ってきて、
最後にレッドの微妙な色と濃さが合い、何とか理想のカブトレッドを作ることができました。

【一番右がOK色】
IMG_0168

やはり、微妙なニュアンスは会って説明するのが一番ですね。

発泡トレイサンプルもできてきました。
IMG_0169

また本日は、午前中にパッケージの印刷工場に行き、色の確認等の最終チェックをしてきます。
このブログがアップされる頃には、確認も終わり印刷し始めているでしょう。

次回は、7/22(火)更新予定です。
来週のブログでは、成形や彩色などの工場の様子をご報告致します。

それではまた。