COMPLETE SELECTION MODIFICATION 開発者ブログ

ホッパーゼクターの可動感触&パラドクスバックルの仕様詳細

2017/05/01(月)

みなさま、こんにちは!フナセンです。
エグゼイドがとんでもなく面白い…!みなさま昨日の放送はご覧になりましたか??
パラドクス レベル99、めちゃめちゃカッコ良かったですね!

実はそんなパラドクスのレベル50のベルトバックル「DXパラドクスバックル」の商品化が決定しました!
CSMでは無いのですが、こちらもフナセンが開発を担当しております。…ので、すみませんが少し宣伝を
させてください…。





こちらの売りは、なんといっても「エナジーアイテム」の音声がたくさん聞けること、そして、それを任意に連続で鳴らすことができること!ですね。
Lボタンを押す度に順番にエナジーアイテムの音声が鳴っていくのですが、ボタンを押したままの状態になると、エナジーアイテムの音声の後に、「エナジーアイテム取得音」が鳴ります。これが鳴ると、そのアイテムが記録されたことになります。
取得音が鳴り終わってもLボタンを押しっぱなしにすると、取得音が続けて鳴りますので、その場合は同じアイテムを連続して記録したことになるわけです。

その後Rボタンを押すことで、記録した音声を一気に再生させる仕組みなのですが、一気発動の冒頭には、
「空中でエナジーアイテムが移動する音声」が鳴り、その後記録したエナジーアイテム数の分だけ、「取得音」が鳴ります。
その後に、記録した順番通り「各エナジーアイテム音」が鳴るという流れになっております。
移動音に合わせながら、手を上下左右に動かすと、よりなりきった気分になれるのでオススメですよ。

ちなみに連続して記録する数の上限は、16個を予定しております。
(エナジーアイテム音声数が16個なので。)
ですので、夢のマッスル化×16回!なんてことも可能です!
遊びのイメージとしては、「アイコンドライバーG」の偉人召喚遊びが近いですね。



そしてそして!エナジーアイテム音声だけでなく、パラドの音声もたくさん入っています。
エナジーアイテムの記録が行われていない状態でRボタンを押すと、パラドの台詞が順に再生されます。
台詞は第1話から来週放送の第30話までの中から印象深い台詞をピックアップしております。

ちなみに、レベル99になったらゲーマドライバーになるから、「マックス大変身」の台詞や、昨日放送の
劇中台詞がなっても意味無いんじゃないかと思っているそこのアナタ!

 
???「違うんだよ。このバックルはこうやって使うんだよ。」


バックルはこのように、大人の手で握れるサイズになっておりますので、ゲーマドライバーを装着しながら
パラドクスバックルを操作して「マックス大変身!」と鳴らすことが可能です!
昨日の放送でもありましたように、レベル99は「ガシャコンパラブレイガン(好評発売中!!!)」の必殺技を放つときにもエナジーアイテムを組み合わせて使っているので、「ゲーマドライバー」「ガシャットギア デュアル」「ガシャコンパラブレイガン」「パラドクスバックル」を組み合わせて、完璧な仮面ライダーパラドクスへのなりきり遊びを是非体験して頂きたいです!

皆様にお届けできるのが9月と、ちょっと遅めとなっておりますが、実はこちらの商品、元々商品化予定がございませんでした。
しかしエグゼイドDXシリーズへの大きな反響を受け、急遽発売することに決まりました!
つまり、皆様の応援のおかげです!本当にありがとうございます!



以上、パラドクスバックルの紹介でした!
さて、ここはCSMブログ。現在予約受付中の「ホッパーゼクター」にも、仕様についての新情報を、ここから説明して参ります。


おもちゃには、見た目や音声機能の他に、触ってみて初めて分かる「手応え感」というものも、大事な要素のひとつです。CSMホッパーゼクターはそこも進化しております。

こちらはDXホッパーゼクターです。
 

赤い線を引いたところは、ホッパーゼクターの足レバーの可動時に、「カチッ」と乗り越える感触がある位置となります。
(バンダイではこのクリックを「乗り越え」と呼んでいます。まんまです。)足を上げ始める瞬間と、上げきったときの2回ですね。
この2箇所の間はフリーとなっており、レバーはスムーズに移動します。


一方、こちらがCSMホッパーゼクターです。


赤い線が4本に増えております。「乗り越え」が真ん中に2箇所増えました。
これが入ることで何が出来るかというと、『仮面ライダーカブト』第35話で
キックホッパーが必殺技を放つ際に、①「左手でレバーを一旦上げて」、②「右手でレバーをバシッと動かす」という動きが再現出来るようになったんです!
この動きで無くとも、レバーを動かすときの手応えをしっかり感じられるようになっており、
ダイキャストパーツも相まって重厚感が増しております!



本日のブログは以上になります。
次回は5月8日(月)更新です。
ネオアマゾンズドライバーの音声仕様について本日さらに触れる予定だったのですが、思いのほか記事が長くなってしまったので、来週詳しく説明させて下さい!(期待していた皆様、ごめんなさい!)


それではまた!

CSM第16弾発表!デンオウベルト&ケータロス!

2017/04/24(月)

みなさま、こんにちは!CSM担当のフナセンです。

本日、CSM第16弾が発表になりました。
『仮面ライダー電王』10周年を記念して、遂に「デンオウベルト」が、「ケータロス」とセットになって登場します!
「NEWデンオウベルト」が10周年アイテムだったのでは、と思われているかと存じますが、やはり主役のベルトを出さなければ、真に10周年記念とは言えない!ということで、満を持しての参上です。






今回は商品化タイトルだけの発表なのですが、本ブログでは、もう少しお伝えできる内容を書いてしまおうと思います。

まずサイズですが、「CSM版NEWデンオウベルト」と同サイズ(=DXデンオウベルトと同サイズ)です。
以前、NEWデンオウベルトの商品化が発表になったとき、「なぜCOMPLETE SELECTION版のデンオウベルトと同じサイズで無いのか?」というご意見を多く頂いておりました。
その理由はまさに、この商品を出すためだったからなのです。
当時のCS版をお持ちの方はご存じだと思いますが、CS版デンオウベルトはスーツプロップサイズに近づけるため、非常に大きなサイズになっております。
そしてそのサイズにケータロスを付けようとすると、ケータロスがちょっとしたiPad miniクラスのサイズとなり、およそケータイと呼べなくなってしまうのです…。
その点を考慮し、CSMデンオウベルトのサイズはDX版で行こうと決めました。
そしてシリーズで統一するために、NEWデンオウベルトもDXサイズとなりました。


そして肝心の遊びの仕様ですが、CS版デンオウベルトを遥かに遥かに凌駕する内容になっています!
ということだけ、今日お伝えします。
まあケータロスが付いている時点でそうなるにはなるのですが、それだけに留まりません。皆様の想像以上のアイテムになっていると信じております。
これに関しては、「何故デンオウベルトより先にNEWデンオウベルトを商品化したか」という、これまた多くの皆様が今回疑問に思われた事にも関係がございます。
先にNEWデンオウベルトを発売する理由ですが、もちろん初商品化アイテムとして、長い間商品化を望んでいたファンの皆様に早くお届けしたいという想いがある一方で、「NEWデンオウベルトの開発を経ることで、より完璧なデンオウベルトの開発に繋げる」という目的がございました。
玩具に関わらず、あらゆる製品は、様々な商品の開発を重ねることで知見が積み重なり、より高い次元へと進化していくものです。
CSMシリーズも、第1弾からすこしずつ進化を重ねてきた結果、今の姿があります。そしてその進化は、ユーザーの皆様のご意見・反響があってこそだと思っております。
NEWデンオウベルト商品化発表後の皆様の反響や、商品開発を経て見つけた可能性を、この「CSMデンオウベルト&ケータロス」に反映させております!
もちろん、NEWデンオウベルトも一切の手抜き無く作られておりますのでご安心ください。


自分でハードルを上げてしまった感がありますが、皆様の期待を上回る物にするため、ただ今絶賛開発中でございます。ああ、はやく詳細を話したい!でも話せない!このジレンマ…。
全ては1か月後の5月23日(火)公開です。



さて、デンオウベルトのお話はここまでにしまして、本日もホッパーゼクターから音声についての情報をひとつ。今回は「変身音」についてです。

ホッパーゼクターの変身音は、「ヘンシン」→「変身音SE」→「チェンジ キックホッパー(orパンチホッパー)」という3つの音声要素で構成されていますが、実は劇中ではこの音声のタイミングが毎回異なることを知っていますでしょうか?
DX版では「変身音SE」が鳴り終わった後、「チェンジ キックホッパー」と鳴りますが、劇中では、キックホッパー初登場回では「変身音SE」の鳴り終わりに若干重なり気味に「チェンジ キックホッパー」と鳴り、別の回や2人の同時変身回では「変身音SE」の冒頭近辺から「チェンジ キックホッパー」が重なっていたり、SEの中盤から重なっていたり、果ては「変身音SE」しか鳴らなかったり…。
などなど、話数によって鳴るタイミングが異なっております。ということで正解が無い…。
CSM版ホッパーゼクターの変身音をどう編集するか、悩みに悩みました…。
結果、DX版と同様に、「変身音SE」が鳴った後「チェンジ キックホッパー」が鳴るように致しました。
ただし、DX版では「変身音SE」と「チェンジ キックホッパー」の音声の間に若干の間延びがありましたが、CSM版では間髪入れず鳴りますので、劇中の印象に近づけられていると思っています。
(SEと声を少し重ねる編集も試みたのですが、玩具スピーカーから再生すると、声の方が結構聞き取りにくくなることが確認されたことも、理由のひとつです。)



本日のブログは以上になります。
次回は5月1日(月)更新です。
ホッパーゼクター・ネオアマゾンズドライバーの更なる仕様情報の他に、
CSMでは無いのですが、今週末に予約を開始する「DXパラドクスバックル」についても
少し触れていきたいと思います。

それではまた!

ネオアマゾンズドライバー音声仕様&クロックアップ追加音について

2017/04/17(月)

みなさま、こんにちは!CSM担当のフナセンです。

昨日のエグゼイド、大我カッコ良かったですよねー!素敵なアベックでした。
あと、天ヶ崎新社長がとある場面でとった指のポージングについ笑ってしまいました…。
昨日はその後、仮面ライダースナイプ EPISODE ZERO 第1話も見ましたが、若かりし頃の大我を見てから
今の境遇を思うと、切なくなりますね…。最終話を見られるのが来年の1月と遠いですが、楽しみです。


さて、今週のCSMブログですが、先週予告しました通り、
「ネオアマゾンズドライバー」の音声内容について詳しくご説明していきたいと思います。
現在第2話まで配信されておりますが、ベルトの全容についてはまだまだ劇中では分からない事が多いかと思います。

まず「アマゾンネオ」の音声について。
変身音は、ネオの半分アマゾン半分機械のようなビジュアルを表すように、機械ボイスの「ネ・オ」と
喋った後、機械が組み上がる音で構成されております。
さらにその後、劇中でも印象深い 「変身爆発音」 が鳴るようになっております。
こちらはseason1でもありましたが、変身が完了した後に全身から赤い爆発衝撃が広がる演出がありました。
DXアマゾンズドライバーには入っていなかったこの音声を、「ネオ」では追加しております!


続いて変身後にホルダー部を上下操作させることで、必殺技発動に移ります。
1回目の操作で「アマゾンスラッシュ」という機械ボイスと共に必殺技音が鳴ります。こちらは大切断を想定した必殺技です。
2回目の操作では、「アマゾンストライク」という必殺技音が鳴ります。こちらはライダーキック想定の必殺技になります。


この部分を上下に動かして必殺技発動です。

さらに、変身後にインジェクターを再プッシュすると、押す度に武装が変化していくようになっております。
1回目の操作で「ブレード・ローディング」という機械ボイスと共に武装音が鳴ります。第1話の最初の戦闘で、右手から生やした武器ですね。
2回目の操作では「ニードル・ローディング」、3回目の操作では「クロー・ローディング」という音が鳴ります。
4回目の操作で、武装無しの状態に戻ります。
武装した状態のままホルダーを上下させると、今度は武器必殺技「アマゾンブレイク」が鳴るようになっております。


インジェクターは、画像の状態から更に押し込められるようになっています。

一方ニューオメガの変身音ですが、同様に「ニュー・オ・メ・ガ」という機械ボイスが鳴った後、機械的な変身音が鳴り、最後に爆発音が発動します。
こちらの武装では、ネオと違って「アマゾンスラッシュ」の代わりに「アマゾンパニッシュ」の音声が鳴るようになっております。
このフレーズは、アマゾンズドライバーを踏襲していますね。
悠は第2話ではまだアマゾンズドライバーを巻いておりましたが、一体いつ「ネオ」のベルトに乗り換えるのか。
どのような音声なのかは番組での登場をお楽しみに!



そして最後にホッパーゼクターについて、音声面での進化ポイント最後の1つをお伝え致します。
先週までは「ホッパーゼクター本体」の音声改良点を挙げて参りましたが、実は「クロックアップ」についても、今回改良を加えております。

「クロックアップ発動音」の追加
ザビーやドレイクがクロックアップを発動させる際、ゼクトバックルを撫でますが、このとき「クロックアップ」というセリフが鳴る前に「ピキュオーーン」という、独特の発動音が鳴っておりました。
今回、スイッチを押した際の冒頭にこの音声を追加致しました!
また、この「発動音」と「クロックアップ」という音声も、劇中と同様のタイミングで重なって鳴るように調整しております!
仮面ライダーカブト第7話のザビーのシーンを参照に作成しておりますので、どんな音だったか気になる方は、ぜひ7話をご覧になってみてください。
ちょうど矢車さんがザビーの時代ですので、矢車を軸とした2種のライダーへのなりきり遊びというのも楽しいですよ!


矢車「カブト!クロックアップでワームを一掃する!」
撫でるようにしてボタンを押してください。


以上、今週の新情報でした!


さて、来週4/24(月)ですが、CSM第16弾タイトルの発表がございます!
本ブログでも諸々触れて参りますので、どうぞご期待ください!

もう次の発表かと驚かれる方もいらっしゃると思いますが、今年のCSMは商品数を例年よりも少し増やして、よりたくさんの商品を皆様に届けたいと思っておりますので、楽しみにして頂けますと幸いです。

それではまた!


ネオアマゾンズドライバー受注開始&地獄兄弟の音声詳細

2017/04/10(月)

皆様こんにちは!CSM新担当フナセンです。

ついに始まりましたね~!『仮面ライダーアマゾンズ season2』。
皆様もう第1話はご覧になりましたでしょうか?
1年前、超ハードな映像にびっくりしながら第1話を見た記憶がありますが、1年経ってみるともうこの世界観にもなじんで、物語の行く末が楽しみになってきています。
毎週2つの仮面ライダーが見られるなんて、なんて贅沢な春でしょうか…。嬉しい限りです…。


ということで今回のブログですが、前回予告しておりましたように、「変身ベルト ネオアマゾンズドライバー」を紹介させて頂ければと思います!
4月6日より既に予約を受け付けている本商品、もう画像をご覧になられた方はお気づきかと思いますが、
このベルト、CSMシリーズと同じ規格で造られております!

DX版変身ベルトは、ベルト帯にある2つの凸を、もう片方の帯に無数にある凹穴にはめることでサイズ調整するものを指します。
一方CSMシリーズは、ベルト帯のデザインが劇中に準拠したデザインとなり、穴の突起も無く、内側のナイロンベルトでサイズ調整できるようになっています。(言わなくても皆さんよくご存じかと思いますが。)

昨年「変身ベルトDXアマゾンズドライバー」を発売した際、「番組が大人向けなのに、なぜ玩具は子供向け(DX仕様)なのか」というお声を大変多く頂いておりました。
今回「ネオ」を造るにあたり、そのお声を受け大幅にサイズアップを致しました。
予約ページではわかりづらいサイズ差ですが、写真を撮ってみましたので、こちらをご覧ください。


デカい!(画像は試作品です)


デカい!(画像は試作品です)

ちなみに、ベルト帯のサイズは「CSMディケイドライバー」とほぼ同じサイズになっております。
サイズアップしたネオアマゾンズドライバー、是非手に取って頂いて、その大きさに驚いてほしいです。





そして本日はもう1つ。「ホッパーゼクター」の音声仕様についてです。
予約ページで説明がありますように、新規に追加されたボタンで、「変身前(ゼクター単体状態)」「キックホッパー状態」「パンチホッパー状態」の3状態に応じたキャラクターボイスを聞くことができます。
ここでは、もう少し踏み込んだ内容を紹介したいと思います。


①変身前
まず1回目にボタンを押すと、矢車の声で「変身。」と喋ります。
もちろん気だるげな言い回しになっております。
続いて2回目のボタンを押すと、今度は影山の声で「変身!」と喋ります。
そして3回目以降から、押す度に矢車と影山の掛け合いセリフが全17種類鳴ります。
掛け合いなので、それぞれがいくつかのセリフの組み合わせとなっております。

さらに変身前の状態で、このセリフボタンを長押しすると、
「俺の相棒を笑ったのはお前か? 俺も笑ってもらおう。変身。」というセリフが鳴る仕組みになっております。第44話で矢車兄貴がカッシスワームに対して言い放った言葉ですね。3ライダーが揃い踏みする名シーンでもあります。
その後そのままゼクターを装着して、その一番熱い変身シーンを追体験してみて頂きたいです。


ゼクターを掴むと…


ちょうど人差し指の位置にセリフボタンが!!!(押しやすい)

②キックホッパー状態
こちらは矢車が単独で話したセリフを入れ込んでおります。全部で34種入っており、最初の登場のセリフから最後のセリフまで入っております。
個人的には、「生きてるってむなしいよな…。」というセリフがお気に入りです。
また、3/24更新のYSブログにも記載ありましたが、キックホッパー状態でセリフボタンを長押しすると、「ライダージャンプ!」と矢車ボイスで喋ります。
そしてレバーを上げて必殺待機音を鳴らした状態の中、再度セリフボタンを押すと、「ライダーキック!」と、矢車ボイスで喋ります。
こちらも、矢車としての必殺技発動を追体験できる仕様として盛り込みました。
実際にこの手順で遊んでみると、かなり熱いですよ!

③パンチホッパー状態
こちらには影山が単独で話したセリフを入れ込んでおります。影山は全部で15種のセリフが入っております。影山は矢車との掛け合いが多いキャラクターだったので、単独セリフの数は少なめですが、最後の切ないセリフも入っていたりします。
こちらもセリフボタン長押しで影山ボイスの「ライダージャンプ!」、必殺待機音時に「ライダーパンチ!」となりますので、兄貴と2個合わせて、身も心も声もなりきってみてください。


90種もあれば、劇中のセリフ大体入ってんじゃないの~?というお声もよく見かけておりますが、そうですね…、はい。大体入っています。
が、全部では無いので、皆様の好きなセリフがもし漏れていましたら…、そのときはごめんなさい。

音声デバックしていて改めて思ったのですが、地獄兄弟のセリフ、むちゃくちゃ面白いですね…。
個人的に、10年前TV本編を見たとき、面白すぎて10回くらい繰り返し見たシーンがあったのですが、
その声を入れられたのが嬉しかったです。どのシーンかはご想像にお任せします。お楽しみに!


本日は以上になります。
来週は、「ネオアマゾンズドライバー」の音声について、詳しく触れて行きたいと思っております。

それではまた!


新担当ご挨拶

2017/04/03(月)

皆様、はじめまして!
この4月より、YSに替わりましてCSMシリーズの企画開発担当となりました、フナセンと申します!

入社前の仮面ライダークウガの頃からずっと変身ベルトを買い続けてきた自分にとって、
「先代のレジェンドなベルトをリメイクする」という本シリーズを担当することに、
大変身の引き締まる思いでございます。
いちユーザー、いちファンとしての視点を忘れず、「今だから出来ること・造れるもの」ということを突き詰めて、ユーザーの皆様にご満足頂ける商品をお届けして参ります。
是非ともお付き合いのほど、宜しくお願い致します!


さて、簡単な所信表明はここまでにしまして、皆様が気にされているであろう
「ホッパーゼクター」の新情報を、この先少しずつ本ブログで触れていこうと思います。

今回は、「ホッパーゼクターの変身・必殺技音声」についてです!
ホッパーゼクターを商品化するにあたり、より劇中のイメージに沿えるように、
外観だけでなく音声についても見直しを掛けております。


変更①ホッパーゼクター装着音
当時のDX版では、ゼクターをバックルに装着した際、「ズクシュン」という音が鳴ってから
「ヘンシン」と鳴っていたのですが、(伝わりますかね…?)
実はこの音はTV本編では使われておらず、映像中では「カチャッ」→「ヘンシン」と鳴っておりました。
今回はこの装着音を、劇中に合わせて「カチャッ」という音に変更しております。


この瞬間ですね。
※画像は試作品です。


変更②レバー操作音・ライダージャンプ・ライダーキック
必殺技操作をする際、当時のDX版では、「ガチャッキュウィィィィン」という「レバー操作音」が
完全に鳴り終わった後に「ライダージャンプ」や「ライダーキック」・「ライダーパンチ」
と鳴っていたのですが、こちらも劇中では「ガチャッキュウィィ(ライダージャンプ)」というように
レバー操作音とシステムボイスが重なるように鳴っておりました。(伝わりますかね…??)
結構細かいところなのですが、今回このタイミングに合わせるように音声を調整しました。
実際に操作してみると、リズム感があってよりテンポよく音声が鳴るため、必殺技発動の瞬間の
気持ちが高まるかと思います!


レバーを上げたらテンポよく「ライダージャンプ!」


変更③ゼクター飛び跳ね音
カブトシリーズの特徴として、変身する際にはゼクターが自動でやってきて、それを掴んで変身というシークエンスがありますね。ホッパーゼクターも例にもれず、バッタ型のゼクターがビョンビョン音を立てて飛び跳ねてやってきました。DX版にも飛び跳ねる音や鳴き声が入っていましたが、ゼクター状態でレバーを上下させると、ランダムで「飛び跳ね音」「鳴き声」がどちらか1回鳴るのみでした。

今回CSM化するにあたり、あの「ピョンピョンやってくるホッパーゼクター」を再現したくて、レバーを下げたときには、「飛び跳ね音×4回&鳴き声×2回」が鳴るようになっています。擬音でいうと、「ビョンビョンビョンビョイーン、キュイーン、キュイーン」ですね。(伝わりますかね…???)


音を鳴らした状態でこう持って動かせば、まるで意志を持ったかのようなホッパーゼクターが…!


変更④ワーム爆発音を追加
いままでのCSMカブトシリーズには無かった、「ワームの爆発音」を追加いたしました!
ワームに独自の爆発音があったことを、みなさま覚えていらっしゃいますでしょうか?
ワームを倒したとき、緑色の爆発煙とともに、独特の高音のかかった「ドォン!キュンキュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!」というような爆発音が必ず鳴っていました。今回ライダーキック・ライダーパンチの必殺技音が鳴った後に、この音声がなるようにしています。擬音ばかりですみません…。


以上の4つが、いわゆる「システム音」面での大きな変更箇所です。
より劇中に近い遊びが楽しめるような改良となっております!
そしてここに、「矢車&影山」の、まだ公開していない秘密の音声が入ることで、
より臨場感のある音遊びが楽しめるのですが、これは次回公開しますね!

ということで、次回は4月10日(月)更新予定です。
ホッパーゼクターの「矢車・影山音声」についての新情報や、
4月6日に受注を開始致します、「ネオアマゾンズドライバー」について触れていきたいと
思っております。

それでは!