仮面ライダーおもちゃウェブ

バンダイ公式仮面ライダー玩具情報サイト

更新日:2018年04月16日

開発者ブログ

仮面ライダーオーズ

黒いコアメダルの出自が、ブックレットで遂に明らかに!

皆様こんにちは。フナセンです。

本日も、オーズドライバー コンプリートセットに付属する「カラーブックレット」についての内容になりますが、その前にメダルの塗装サンプルが上がって参りましたので、画像にてご紹介。どん!


これは、「MOVIE大戦CORE」に登場した、「黒いサソリ・カニ・エビのコアメダル」と、今回のCSMで新規に付属する、「新造のエビ・カニ・サソリのコアメダル」です。

このメダルは、比較するとちょっと特殊でして、そのままひっくり返すと…


なんと、「エビ」と「サソリ」は裏面の線の数が異なります!
黒いコアメダルの場合、サソリが1本、エビが3本。新造コアメダルの場合、エビが1本、サソリが3本となっております。
黒いメダルは、当時のDX版をお持ちの方はわかると思いますが、エビが1本で、サソリが3本でした。
ただし、劇中ではサソリが1本、エビが3本の描写がなされておりましたので、CSM版では裏面の本数を劇中合わせに変更しております。
一方で新造のメダルについては、上記画像の本数となっています。

なぜこのエビ・カニ・サソリのメダルだけ、色と本数の異なる2種類として存在しているのか。その関係性は?

そもそも、あの映画に出た黒いコアメダルって一体何だったの?出自は何なの?

そういった疑問が、このブックレットで解き明かされます!


下記の画像は、このブックレットに記載されている報告書の冒頭ページです。前回のブログで、このブックレットは鴻上生体研究所が作成した研究報告書の体を成した、劇中に登場するような資料であると説明致しました。その真の意味がこの文章の存在です。

ほとんどモザイクをかけてしまいましたが、この中に、新たなるコアメダル誕生の経緯、黒いコアメダルの出自、それから「カンガルー」「パンダ」のコアメダルの出自など、コンプリートセットに付属するコアメダルに関する秘密が気されています。

ということで本ブックレットは単なるおまけブックレットとは全く異なり、本格的な、資料性の高い、本物感満載の物に仕上がっていると思います。

 こちらも期待してお待ちください!またブックレットの形式も、ただの冊子という訳ではございません。

まだ秘密があるのですが、それは印刷サンプルが出来た段階でブログにてご紹介致します。


そうそう、カンガルーとパンダについてですが、これにもちょっとしたポイントがありまして…。

こちらをご覧下さい。


まず表面。予約ページに掲載された画像と変わりませんね。それでは裏面。


なんと、カンガルーの裏面はバッテン!セルメダルの裏面と同じだったのです!


これは、カンガルーメダルが腕部と脚部両方に対応している特殊なメダルであることから、「裏面のデザインが3種類の線とは異なる、Xマークになっている」というのが当時のプロップから決まっておりました。

CSM版のカンガルーメダルは、そちらもしっかりと再現しております!

ちなみにパンダは腕部対応のみのメダルですので、裏面は2本線のままです。

両方とも、当時は「てれびくん」「テレビマガジン」の付録になっていたメダルでした。その時の背面はガシャポンオーメダル仕様でしたので、☆☆☆のマークでしたね。このあたりも設定に乗っ取って変更しております。


そして最後に、来週4/23(月)は、「CSMオーメダルホルダー」の予約締切日です!

オーズドライバーをご購入頂いた方は、より楽しいなりきり遊びが出来ます!こちらもお忘れなく!
現在パッケージを製作中です。
ホルダー自体は比奈ちゃんの友達の気分で製作しておりましたが、パッケージは比奈ちゃんの気分で作成しておりますよ!ご期待ください!


本日の更新は以上になります。

次回更新は4月23日(月)です。それではまた!

商品情報
友達に共有する

関連トピックス

PAGE TOP