バンダイの男の子向けおもちゃ紹介サイトボーイズトイウェブ

TOPICS

2017.6.2

戦隊おもちゃブログ

戦隊ブログvol.3 ジャッジメントだァァッ!!

みなさんこんにちは!スーパー戦隊玩具開発チームのN野です。「SPライセンス」に続き、今週からは「大連王」の予約受付もスタートしてますます勢いを増す戦隊職人シリーズですが、今回もこちらの話題からいきます!

ジャッジメント!SPライセンスのひみつ②

前回記事の「変身モード」解説に続き、今週は「ジャッジメントモード」のご紹介です。

デカレンジャーの「ジャッジメント」シーンといえば、いわずもがな作品全体を象徴する最も印象的な場面であり、判決を待つ時計のカウント音、うろたえるアリエナイザー、暗転した空間の中に浮かぶ「×」「○」のエフェクト・・・といった一連の描写は今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。

「戦隊職人版 SPライセンス」においても、この『ジャッジメント』の再現性については一際こだわって追求いたしました。ご注目いただきたいのは、何といっても「×」「○」盤面のLED点滅発光ギミックです!
当時品は盤面に電飾基盤が入っていなかったため、本体はあくまでシールでの表現に留まっていました。そのため常に「×」も「○」も見えている状態で、サウンド中心でジャッジメントシーンを再現していたことになります。

それもそのはず。実物を見ると一目瞭然なのですが、当時品は各モードを再現する内部のプレートが極めて薄い(約2mm)んです。当時の技術でこのプレートに電飾を仕込むことは現実的に難しかったんだろうな・・・と想像されます。
   ▲この画像は当時品のものです。

という訳で今回のリメイクに際しては、当時できなかったこの『×○発光』を意地でも再現することを最重要課題に据えていました。
内部機構を根本から見直してどうにか「○」プレート自体に電飾を入れられないかという観点から検討を進め、下図の薄型シート状LED基盤を使用することで発光ギミックを実現させています。

私自身、最近まで玩具の内部構造を知る機会はなかなかありませんでしたが、こんな精密そうな部品を玩具に使うこともあるんですね…。

これに加えて、本体側(「×」側)にもクリアパーツとLED基盤を搭載することで、ついに憧れの「×○交互点滅」が達成できました!

何気ないギミックのようですが、こういった仕様も精密な電子部品や設計技術の掛け合わせによって成り立っています。デカレンジャー放送当時からはや13年。なりきり玩具を支える開発技術の進歩とともに、まさに「未来の科学で!」のリメイクを目指します!!

さて、それでは具体的なジャッジメント遊びの流れを見てみましょう。
前回ご説明したとおり、今回のSPライセンスには①ノーマルモード②キャストモードの2パターン存在しますので、まずは①ノーマルモードの仕様から。

玩具では、SPライセンスのスイッチを一番下の「JUDGE」までスライドすると、ジャッジメントモード待機状態になります。

ここから天面のボタンを押下すると、『ジャッジメントターイム』というおなじみの電子音声と共に、時計のカウント音が始まります。
その間には、やはりこのセリフを脳裏に浮かべていただきたいところ。

「アリエナイザーに対しては、スペシャルポリスの要請により、遥か銀河の彼方にある宇宙最高裁判所から判決が下される。」

いよいよ判決!というタイミングでもう1度ボタンを押下していただくと、「×(デリート許可)」または「(デリート不許可)」いずれかの判決がアリエナイザーに下されます!

ちなみに、当時品における○×の分岐確率はそれぞれ50%-50%と、「デリート不許可」になる割合が結構高かったのですが、劇中で「○(デリート不許可)」になったのって、「グリーン・ミステリー」のブライディと、「サムライ・ゴーウエスト」のベートニンだけでしたよね・・・。
このような背景もあり、今回は「○」が出る確率をやや下げるつもりです。その方がより劇中に入り込んだ、気持ちの良いなりきり感を演出できるのではないか・・・と考えた次第です。

ノーマルモードのシークエンスは以上!続いては②キャストモードの仕様をご説明します。

キャストモードを起動してジャッジモードにスイッチをスライドすると、まずバンたちの声で「ジャッジメント!」と鳴ります。

その後ボタンを押下していただくと、ノーマルモードと同じサウンドの流れに被さる形で古川登志夫さんのナレーションが発動!もう一度ボタンを押すと判決が下り、「デリート許可!」のセリフが鳴ります(結果が「×」の場合のみ)。

ちなみにノーマル版のSPライセンスには、おまけ要素として冒頭の操作で数回に一度ほど、「エージェント・アブレラ」の罪状読み上げシーン(「レイン星人アブレラ!銀河消滅および、惑星間戦争における大量殺人の罪で!・・・ジャッジメント!!」)が発動するギミックも入れる予定です。

いかがでしたでしょうか?
お読みいただいた通り、このSPライセンスは「3機能」×「2モード」分のギミックがあるため、できる遊びが非常に深く広い仕様になっています。商品の予約受付ページだけではとても説明しきれないため、今後もこのブログで深く深く掘り下げた商品レビューを行って参ります!

今のところ購入を迷われている方も、このブログをお読みいただければ詳しい商品仕様が分かった上でご判断いただけると思いますので、ぜひ毎週アクセスいただけると嬉しいです。(お友達への拡散もお願いしますね!!笑)

さて、来週のトピックは順当に行くと『PHONEモードの解説』になるのですが、みなさまの反応を拝見していると商品仕様に対しての疑問や不明点も散見されるので、一度Q&A的な記事をまとめて、早い段階で諸々の不安を払拭させていただければと思っています!お楽しみに!!

気伝招来!「DX大連王」リクエスト販売受付スタート!

そして今回、もう1品取り上げたいのは・・・、先日ついに詳細情報が公開となった「DX大連王」リクエスト企画!!

・・・えっと・・・すみません。
ちょっとまだデカレン脳を引きずっているので、ダイレンモードに切り替えるためにまずは一発いいですか。せーの・・・。

 
転身だァァアアアアアアアアアアアッッッ!!!!!!!!!!!!

 
はい!!すっかり気力転身できました。

そうなんです!いよいよあの「DX大連王」復刻企画が始動いたしました!
1993年に放送された「五星戦隊ダイレンジャー」に登場する、いわゆる”1号ロボ”がこの大連王。戦隊シリーズ全体を見渡しても屈指の最強神話を誇り、対ゴーマという意味ではピンチというピンチも無いまま圧倒的なパワーで敵をなぎ倒し続けた無敵のロボです。

そんな大連王は「ダイレンジャー」の作品人気とともに今でも商品化要望の呼び声が高く、今回戦隊職人としては初となる「リクエスト販売」という仕組みによって復刻商品化のチャンスを得るに至ったという訳でございます。

さて、ではまずこの「リクエスト販売」とは何か?というお話ですが、端的にご説明すると「一定数以上の予約受付が成立したタイミングで、正式な商品化が決定する」という販売形態です。多少ニュアンスに差はありますが、最近よく聞く言葉で言うと”クラウドファンディング“に近い形でしょうか。

慣れない仕組みに違和感を覚える方も多くいらっしゃると思いますが、この販売方法に一定の成果が出た場合、以降あらゆるアイテムに対して復刻や新規商品化のチャンスが拡がることは間違いありません!これはただただ私の妄言ですが、歴代戦隊ロボが、ファンの皆様の支持とともに順々復刻されていく未来・・・なんて想像すると、ワクワクしませんか??

その第一陣を切る(?)今回の「大連王」リクエスト販売企画においては、『商品化確定』に至る数値を「2,000個」と設定させていただきました。この設定数を本当に超えられるのかどうかは、正直我々にとっても全くの未知数・・・。期待と不安が入り混じる思いで予約開始日を迎えました。
しかし!!一昨日リクエスト受付を開始させていただいたところ、なんとたった1日で2,000個以上のご予約を頂戴いたしました!!!つまり、現時点で「戦隊職人 DX大連王」の商品化は確定です!!予約数が時間を追うごとに増加していく様を見るにつれ、皆様のアツいダイレン愛をとくと目の当たりにいたしました。本当に感激したので、感謝の念を込めて改めて叫ばせてください。

 
気力だァァアアアアアアアアアアアッッッ!!!!!!!!!!!!(※最大級の感謝の念を込めて)

みなさま、改めて本当に有難うございました。

そんな「DX大連王」ですが、商品ページで明かされているとおり、ただの復刻版ではありません。とはいえ、変形プロセスやフォルムを見直し、可動を追加しまくったようなリニューアル版でもありません。
今回の商品は、いわば、「真・復刻版」と呼べるようなリメイクのあり方を狙っています。
具体的には、元々の「DX」版商品が持っていたモノとしての佇まい、シルエット、素材感といった『芯』となる部分は旧商品の良さと捉えてそのまま残し、当時品では実現できなかった価値や、お客様の不満として残ってしまった部分に対しては今の技術で手を加えようというコンセプトです。

SPライセンス同様、こちらも細々説明し始めると長くなりますので、まず今週は、先日提示していたヒントの3文字「貼」「逆」「回」の答え合わせを通して、仕様の特筆事項をなぞっていきましょう。

 
ひとつ目は、こちら!

「貼」・・・シール地獄からの解放だァァッ!!!!

「DX大連王」について玩具ファンの間で語り草になっているのが、通称“シール地獄”と呼ばれるユーザーシールの量です。
  ▲今のDXロボは基本的にすべて彩色仕様ですが、当時はシール貼り箇所がありましたね。懐かしい・・・!!!

私、過去には戦隊食玩を担当していた時期もあるのですが、この量は100%シール表現のみの「ミニプラ」をも軽く凌駕してます。その数、ざっと数えて約100枚!当時品を貶すつもりは全く無いのですが、軽く心をへし折られそうになりますね…(笑)
当時版がシール仕様だった理由を想像すると、ド派手な「中華」モチーフロボの装飾を彩色だけでは補完しきれなかったことが要因かと思いますが、今回の復刻に際しては、このシール部分を「全て」彩色表現に置き換えて商品化いたします!!
  ▲いわば“超絶増塗装版“!より劇中に近い見映えを実現します。

上図の通り、彩色を用いることでシールでは再現できなかった凸造形の側面や淵部分まで回りこんで色を足すことができるというメリットがあります。
また、シール箇所をただ彩色に置き換えただけでは見映えが非常に平坦になってしまうため、デザインの意匠に自然な凹凸の立体表現を付け加え、「ディティールアップ+彩色」というアプローチで見映えも追求しました。・・・こうした仕様をご覧になってお気づきかもしれませんが、当時品の金型はもう残っていないため、今回の商品化に際しては設計からすべて作り直しています!
  ▲各所にディティールが加わり、造形の情報量がグッと増しています。

100枚のシールを彩色に置き換えるとなると、彩色に掛かるコストの増加幅は想像を絶するレベルなのですが・・・折角復刻のチャンスですから、これくらいやらねば!!!という意気込みで踏ん張りました。旧DX版から圧倒的に進化した最大の価値ポイントとして、どうぞご期待いただけますと幸いです!

 
第2のポイントはコチラ。

「逆」・・・”逆鞘”の修正だァァッ!!!!

こちらも当時からずっと話題になっていたポイントですが、実は大連王が腰に付けている「大王剣」の鞘について、旧DX版では下向きに反った形状であるのに対し、映像作品では上向きに反っているという矛盾が生じていました。この問題を解消すべく、今回鞘の反りを劇中合わせの形状に作り直しています。

結果的に旧DX版と造形から変わってしまう部分なのですが、ここは改善した方が良いだろうという判断でリメイクしています。

 
最後はこれ!

「回」・・・首が回るぞォォッ!!!!

こちらは旧商品の不満解消というよりも単純なバリューアップとして盛り込んだ内容ですが、今回大連王(つまり龍星王も)の「首」が回るようになっています!!

何気ない変更ではあるものの、頭部を左右に振れるというだけで微妙なポーズの表情付けができるようになりとても楽しいです。
  ▲あれ、というかこの兜は?この大王剣は・・・!?

もちろん、首を回すために元々のシルエットを崩すような余計なアレンジはしておりません。首の軸を回転仕様に変更しているだけですので、この点はご安心ください!

そして、戦隊職人版で回るのは「頭部」の首だけではありません。もう一つお見せしたいポイントがあるのですが・・・。既に2記事分くらいの分量になりつつあるので本日はここまで!次週の更新に持ち越します!

今週の小ネタ

今日は小ネタとして扱うには贅沢すぎる話題です。笑
今回の「リクエスト販売」企画。商品化決定のボーダーラインは「2,000個」でしたが、予約数がもし「3,000個」に達した場合、なんとあの「天宝来来の玉 5個セット」をご予約いただいた全員にプレゼントいたします!!!

リクエスト予約数の進捗は受付ページに掲載されている天宝来来の玉の発光によって表現されていましたが、残るは最後の赤のみ!!これが点灯すればリクエスト3,000個が達成したことになります。実際のところ、現時点での予約数は3,000個到達まであと一息といって差支えないところまで来ておりますので、「普段玩具は買わないけど、ダイレンジャーだけは血眼で大好きだァァァァァッ!!」というお友達が近くにいらっしゃるようでしたら、是非本企画を教えてあげてくださいね!!

次回は「龍星王」のサンプルを中心に、より細かい仕様説明に入っていきます!更新は6月9日(金)17時です。どうぞお楽しみに◎

 
『東京おもちゃショー』戦隊職人、展示してます!! 
明日6月3日(土)より一般公開が始まる「東京おもちゃショー2017」にキュウレンジャーブースが登場!!「宇宙戦隊キュウレンジャー」の玩具と合わせて、「戦隊職人」アイテムの展示も行います。「戦隊職人 DX大連王」を展示するのは、今回が初めて!是非遊びにいらしてください。
※当日は大変混み合います。入場制限をさせていただく可能性がありますので予めご了承ください。

『#戦隊職人』でつぶやこう!!
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」のハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、商品はきっとより良いものになっていきます!(既にたくさんのご意見、ありがとうございます!とても参考になっています!!!)

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール
【一般販売商品】
好評発売中!キュータマ合体02,10,11 DXリュウテイオーセット
好評発売中!キュータマ合体10 DXリュウボイジャー
好評発売中!キュータマ合体11 DXコグマボイジャー&オオグマボイジャー
好評発売中!キュータマ合体 DXキュータマコクピットセット02
好評発売中!DXキュータマセット03

【プレミアムバンダイ販売商品】
好評予約受付中!カミツキ合体 ブレイブキョウリュウジンセット

好評予約受付中!ガブガブリボルバー&ガブガブリカリバーセット

好評予約受付中!戦隊職人 SPライセンス SPDセット

リクエスト販売予約受付中!! 戦隊職人 五星合体 DX大連王

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

ページトップへ