バンダイの男の子向けおもちゃ紹介サイト

ボーイズトイウェブ Boys Toy WEB

更新日:2018年06月15日

イベント

ブレイク轟牙

ブレイク轟牙 公式大会レギュレーション

ブレイク轟牙 公式大会レギュレーション1.0 ( 施行日:2018 年 6月 15日)

ブレイク轟牙では、公式のイベントおよび轟牙バトルにおいて、安全に進行することを前提としながら、多くの人がフェアに楽しめるようにレギュレーションを定めています。レギュレーションは随時更新をします。

轟牙バトルは最新のレギュレーションに準じて実施しますので、轟牙バトルに参加する前には、必ず最新のレギュレーションをご確認ください。

◆目次
1.ルールと諸注意
2.轟牙マシン規定
3.マシン検査
4. 轟牙バトルでの禁止事項

1.ルールと諸注意
・3ラウンド制、2ラウンド先取で勝利。  
勝利条件・・・K.O(相手マシンをひっくり返して3カウント)
       モーターブレイク(相手マシンの電源をオフしバトル続行不可とする)
       リングアウト(相手マシンを場外へ出す)
・持ち込み可能なマシン台数は、予選ラウンド、決勝トーナメント毎にカスタマイズの有無に関係なく、最大3台までとする。
・持ち込み可能なマシンやカスタマイズは [2.轟牙マシン規定] に準拠する
・1ラウンド毎にカスタマイズ可能。カスタマイズ制限時間は20秒とする。
・バトル中マシンが膠着状態になった場合は公式審判が「ガガガタイム」を宣言。マシンをバトラーにスイッチONの状態で返却し、それぞれのゲートに戻してリスタートする。この時審判の合図があるまでマシンに触れてはいけない。
・ガガガタイム3回で、そのラウンドはドロー(引き分け)とし、次のラウンドに移る。その際も通常ラウンドと同様カスタマイズの時間を設ける。

※参加するにあたり、大会及び表彰式の様子は後日公式HPやメディア媒体に掲載する場合があります。予めご了承のうえご参加ください。


2.轟牙マシン規定
2-1 公式イベント、公式轟牙バトルに参加できる轟牙マシン
公式イベント、および公式轟牙バトルに参加可能な轟牙マシンは、ブレイク轟牙公認の轟牙マシンのみです。

2-2 轟牙マシンを構成する各パーツ 轟牙マシンを構成する各パーツは、轟牙マシン、轟牙カスタムシリーズのみです。
公認されていないパーツや、自作したパーツを装着して参加することはできません。
また、ブレイク轟牙商品に同梱している本体パーツ(ランナーを除く)以外の物(箱、袋、取扱説明書、ステッカー台紙)を使用してのカスタマイズは認められません。

2-3 潤滑剤
潤滑剤は、プラスティック用の潤滑剤のみ使用を認められます。
ただし、轟牙バトルの際に、飛び散るなどして、コロシアムや相手轟牙マシン汚す可能性が無い塗布量での使用とします。
また、使用される潤滑剤による轟牙マシン、轟牙カスタムパーツ、コロシアムへの影響に関しては、轟牙バトラー(参加者)ご本人の責任となります。

2-4 轟牙マシンの車体寸法
カスタムパーツ、電池等、全てを取り付けた状態でのサイズおよび重量は以下の通りとします。

・全長:190mm以下
・全幅:140mm以下
・全高:80mm以下
・最大重量:195g以下(電池込み重量) 



2-5 改造
形状加工は認められません。破損等により形状が変わってしまっている場合も使用できません。
轟牙マシン、轟牙カスタムシリーズのそのままの形状で使用します。

2-5-1 ウェポン、モーターユニット、ボディアーマー、ホイール、ホイールアーマー、スパイク
ウェポン、モーターユニット、ボディアーマー、ホイールは必ず装着してください。未装着での参加はできません。

2-5-2 塗装、ステッカー、シール
・轟牙バトルに参加する轟牙マシンは、塗装をするか、ステッカー、シールの貼り付けをしてください。
・ウェポンの可動部以外の部分と、ボディアーマー、ホイールアーマーへの塗装は認められます。
※ラバー塗装等、性能を変える目的での塗装は認められません。
※ウェポンの可動部、ホイール、スパイク、モーターユニットへの塗装は認められません。
・ウェポンの可動部以外の部分と、ボディアーマー、ホイールアーマーへのステッカー、シールの貼り付けは認められます。
※ラバー素材、極端に厚みがある等、性能に影響を及ぼすシール、ステッカーの貼り付けは、認められません。
※ホイール、スパイクへのステッカー、シールの貼り付けは認められません。
・塗装、ステッカー、シールのデザインについて、第三者の著作権等の知的財産権、肖像権その他の権利を侵害し、又は侵害するおそれのあるデザインのものは使用できません。
(例:ブレイク轟牙以外の企業ロゴやマーク、商品の文字などの使用)
また、公序良俗に反するデザイン、個人情報が読み取れるデザイン、特定の人物、団体をひぼう中傷する表現のあるデザイン、その他、大会の趣旨にそぐわないデザインも使用できません。

2-5-3 電池
・電池は単4形アルカリ乾電池を市販の状態で使用してください。
・電池2本は同一商品でなければいけません。銘柄の違う組み合わせは認められません。
・電池は製造メーカーが公表する正しい使い方の通りに使用してください。特に、充電をしたり、過剰に温めたり、ラベルが一部でもはがれているものは危険なため使用できません。
・轟牙バトル決勝トーナメントでは、ブレイク轟牙の推奨電池Panasonic社「エボルタNEO」を支給しお使いいただきます。

※ブレイク轟牙ではPanasonic社「エボルタNEO」の使用を推奨しています。

3.マシン検査
3-1 マシン検査
轟牙マシンをイベントや轟牙バトルに参加する前には、原則として[2.轟牙マシン規定]に準じているかどうかの検査を行います。
マシン検査に合格した轟牙マシンのみコロシアムでの轟牙バトル参加が認められます。

3-2 再マシン検査
主催者は轟牙バトル中、異常に気付いた場合、再度マシン検査を実施することができます。
再マシン検査で規定外となる部分が確認された場合は、主催者の判断により、それまでの結果を変更する場合があります。

3-3 次のような場合には、轟牙マシン規定に準じていてもマシン検査が不合格となります。
・スイッチをONにしてもウェポン、ホイールが駆動しない場合
・ギヤの噛み合わせ不良などによる異音がする場合
・ウェポン、ホイールがスムーズに駆動しない場合
・パーツがしっかり固定されておらず、外れやすいと思われる場合
・コロシアムに、過度に傷をつけるなど、バトル中の轟牙マシンに触れた場合にケガをする可能性がある形状になっている場合
・轟牙マシンから焦げた匂いなどがする場合 ・電池、モーターが異常に熱を持っている場合

4.轟牙バトルでの禁止事項
下記の禁止事項を守らない場合、失格、轟牙バトル結果の変更、轟牙バトル不成立、再轟牙バトル、轟牙バトルの中止などをする場合があります。
・轟牙バトル中に、ジャッジ以外が、轟牙マシンやカスタムパーツを触る行為
・轟牙バトル中に、コロシアムを触る行為
・主催者の指示に従わない場合 ・エントリーした轟牙バトラーとは違う人が出場する場合
・マシン検査後に轟牙マシンになんらかの変更をした場合
・他の轟牙バトラーや轟牙マシン、主催者、来場者に対して、不適切な言動をした場合
・マシン検査や轟牙バトルなどで主催者からの呼び出しに応じない場合(何らかの理由で応じられない場合を含む)


友達に共有する

関連トピックス

▼コピーライト一覧を表示する
PAGE TOP