このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス 最新の記事はこちら

みなさんこんにちは!スーパー戦隊玩具開発チームのN野です。

先週はキュウレンジャーの放送がなくて淋しかったですね…。
一週ぶりの次回第19話は、いよいよアルゴ船完成に向けて
お話が加速してきますので是非ご注目ください!!
さらに、今週土曜日にはDXキュータマセット04の発売もあります。
こちらもお見逃しなく!

では本題に移ります!!

■SPライセンス-成形試作品到着!

一週間ぶりにSPライセンスの話題ですが・・・。じゃーん!!

まだ真っ黒で色が付いていないのですが、SPライセンスの成形品(実際の金型で成形したサンプル)が出来てきました!※マスターライセンスかと思った方、すみません…(笑)

金型自体まだまだ完成していないためツヤやディティールなどの細部が
甘いものの、実際に手に取れるものが届いた瞬間はやはり心が躍ります。

・・・そしてっ!

どんっ!発光状態の試作・調整も絶賛進行中です。

ああ、「×」と「○」が光ってる・・・!!

若干分かり辛いので、ハッキリ光が見えるように暗い所で撮ってみましょう。

ご覧のとおり、ビカビカです!!!

頭では分かっていましたが、実際目で見るととんでもなく感動します。
もちろん、今の試作は光が透け過ぎている等問題点も色々とありますので、
ここからさらに調整し実際の商品ではこれより良くなるものと期待して
お待ちください。状況は随時ご報告して参ります・・・!

■気伝獣ぞくぞく!「大連王」レビュー

つづいては「大連王」の話題です。
今週は残りの気伝獣のうち、「星獅子」「星天馬」を当時品と見比べながら
レビューしていきます。

まずは星獅子!

大連王の上半身を担当する星獅子は、ドカン!とした堂々たる佇まいが
印象的です。
各部のディティールを見比べてみましょう。

■正面

星獅子の正面アングルは、当時品も比較的彩色(+メッキ)面積が広く
パッと見の差が見つけづらいですが、全体的な色味の風合いや細かい彩色範囲の調整といった改良に加え、シール部分もディティールを追加する予定です。

■側面

正面と異なりシール面積がグッと増える両側面は、今回のリニューアルで
非常に見映えが良くなっています。

このあたりは特にカッコいい!!!個人的なお気に入りゾーンです。

つづいて星天馬!

鋭い目つきが印象的なイケメンロボ。大連王状態では右脚を担当します。

劇中通り首が前後可動するギミックも健在!首と根本の2点で動きます。
では当時品との比較に移ります。

■正面

紋章がシールから造形になったことで、情報量と密度が増しています。
さらに寄ってみるとこんな感じ。

ん~、非常にメカメカしくてカッコいいですね!

■側面

側面部分もシルバー部分が増えている等、見どころ盛りだくさんです。
写真の旧DX版はすっかりシールが焼けてしまっていますが、戦隊職人版は
彩色仕様なのでこのような劣化も起き辛いのが嬉しいですよね。

後ろ半分はこんな感じ。首の後ろ側に金彩色が増えているのもポイントです!

余談ですが、大連王の太ももになるパーツが胴体の空洞を埋めるカバーに
なっている構造は、今考えると結構大人目線のアプローチに感じます。
当時の開発陣のロボット愛と、妥協しない姿勢が感じられて胸が熱くなるのは
私だけでしょうか・・・?

いかがでしたでしょうか。こちらは試作サンプルのためまだまだ細部の微修正・微調整はありますが、実際の製品で限りなく良いものに仕上がるよう、
引き続き頑張って参ります!
次回は残りの「星麒麟」「星鳳凰」をレビューします。
6月30日(金)17時の更新をおたのしみに。

 
『#戦隊職人』でつぶやこう!!
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」の
ハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!
すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、
商品はきっとより良いものになっていきます!

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール
【一般販売商品】
好評発売中!太陽&月の力 DXヒカリキュータマ
明日6月24日(土)発売!DXキュータマセット04

【プレミアムバンダイ販売商品】
好評予約受付中!カミツキ合体 ブレイブキョウリュウジンセット

好評予約受付中!ガブガブリボルバー&ガブガブリカリバーセット

好評予約受付中!戦隊職人 SPライセンス SPDセット

【商品化決定+天宝来来の玉プレゼント!】好評予約受付中!
戦隊職人 五星合体 DX大連王

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。
 実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

みなさんこんにちは!スーパー戦隊玩具開発チームのN野です。

先週放送の「キュウレンジャー」、もうご覧になりましたか?デカレンジャーの原典BGMが掛かりまくる中で描かれた、キュウレンジャー&F.Sレッド&ギャバンの並び立ちは語るまでもない胸アツ展開でしたね。
絶賛開発進行中のSPライセンスもばっちり活躍しており、私もなんだか子の活躍を見守る親のような気分で見てしまいました・・・笑

そんなデカレンジャーですが、いよいよ明日6月17日(土)は新作劇場版「スペース・スクワッド」の公開日です!
私も先行して見させていただいたのですが、特撮ファンなら誰もが一度は夢想した「デカレンジャーvsギャバン」が遂に映像で描かれるというカタルシスは、やはり筆舌に尽くしがたい感動があります。バンたちとギャバンがどのようにして出会い、共闘するのか?他にも思わず声を上げてしまうような驚きの展開もあり、東映特撮ファンに向けては間違いなくオススメできる一本に仕上がっていました!!お近くに公開劇場がある方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

それではブログの本題に入っていきますが、今週は「戦隊職人 DX大連王」を中心に取り上げます!

 

気伝招来!「気伝獣・龍星王」レビュー

前回に引き続き、リュウレンジャーの操る「龍星王」をご紹介!
先週取り上げた「気伝獣」状態から、「気伝武人」へと変形させて参りたいと思います。

龍星王の頭部に立っていたリュウレンジャーがコックピットに移り・・・
「龍星王、武人変化!」と叫ぶと、変形プロセスが開始!


龍星王の身体が半分に折りたたまれ、龍星王の脚を構成するというダイナミックな変形!


続けて両腕が組み合わさり、人型の手になります。


これだけで既にほぼ人型になってしまうのが龍星王の面白いところ。


龍の頭を前側に倒すと気伝武人の頭部が現れ・・・


身体とドッキングすれば変形完了!
気伝武人・龍星王!!!!

この堂々たる佇まい!これでこそ龍星王です。
「戦隊職人版」はやはり各部の彩色追加&ディティールアップが効いており、より劇中のイメージに近づいた決定版となっているのではないでしょうか。

各部にクローズアップした写真をまとめるとこのような感じ。

気伝獣状態のレビューでも触れましたが、やはり各節の黒彩色が見映えをグッと向上させているように感じます。

しかしながら、龍星王の魅力は彩色だけではありません!今回の復刻に際し、新たに追加されたギミックがこちら!

なんと、首がまわります!!!!
これはDXロボというよりは可動フィギュア的なアプローチでのギミック追加ですが、元々身軽に動き回るアクションシーンが印象的な龍星王。首が動くだけで、キャラクターとしての「しっくり感」が段違いです。

  ▲素立ちでも、首に角度を付けるだけで「表情」を感じられる気がします。

さらに!可動箇所は首だけではありません!!
   ▲画像は開発中の試作です。細部の形状が実際の商品と異なる可能性があります。

パーツを差し替えることで、右手首も可動するように!!

これにより、武器持ちでのポージングがグッと決まり易くなりました。

気伝飛龍棍を持って構えるポーズもなんのその。


元々足回りの可動ポイントも意外と多いので、アクションポーズの幅が拡がります!
手首可動があれば、龍星王の必殺技「飛龍棍大風車」も再現可能!

これは旧DX版をお持ちの方にとっても、グッと来るポイントではないでしょうか・・・。

という訳で、2週に渡って「気伝獣」「気伝武人」各形態の龍星王を紹介して参りました!
来週の更新では、残りの気伝獣もレビューします!
次回の更新は6月23日(金)17時!おたのしみに。

 
『#戦隊職人』でつぶやこう!!
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」のハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、商品はきっとより良いものになっていきます!

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール
【一般販売商品】
好評発売中!太陽&月の力 DXヒカリキュータマ
6月24日(土)発売!DXキュータマセット04

【プレミアムバンダイ販売商品】
好評予約受付中!カミツキ合体 ブレイブキョウリュウジンセット

好評予約受付中!ガブガブリボルバー&ガブガブリカリバーセット

好評予約受付中!戦隊職人 SPライセンス SPDセット

【商品化決定+天宝来来の玉プレゼント!】好評予約受付中!
戦隊職人 五星合体 DX大連王

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

みなさんこんにちは!スーパー戦隊玩具開発チームのN野です。
今週もまずは「SPライセンス」の話題から行きますが、デカレンジャーといえば!!!
今週の!!「宇宙戦隊キュウレンジャー」第18話!!「緊急出動!スペースヒーロー!」に、なんとデカレンジャー&ギャバンが参戦します!!!!
チームデカレンジャーからは、バン、センちゃん、ウメコ、そして我らのボス・ドギー・クルーガーが登場!!SPライセンスも通常版・ファイヤースクワッド版ともにガッツリ登場いたしますので、是非、・・・いや絶対に!!チェックしてくださいね。

そこんとこどうなの?「SPライセンス」Q&A大会

それでは記事の内容に入っていきますが、今回は商品の仕様について皆様から寄せられている質問をいくつか取り上げ、Q&A形式で回答して参ります!購入を迷われている方の参考になれば・・・と思いますので、今お答え出来る内容については積極的にお伝えしますね。

Q.「通常版」と「ファイヤースクワッド版」はどう違うの?

A.両商品とも基本的な機能は同じで、「CHANGE」「PHONE」「JUDGE」3つのモードと音声が入っています。その上で、特にキャストモードの音声については、番組の設定どおり『ファイヤースクワッド版は最終回後にバンのみが使っているもの』という観点から両者の仕様に差をつけています。ファイヤースクワッド版はバンにフィーチャーした音声が多くなる予定で、「10years after」や「スペース・スクワッド」のセリフも収録しています。ちなみに、明後日放送の「宇宙戦隊キュウレンジャー」に客演するファイヤースクワッドレッドも「ファイヤースクワッド版SPライセンス」を使いますよ!

Q.「S.W.A.Tモード」の変身音は入るの?

A.通常版のSPライセンスに収録します!今回のリメイクに際し、音声面での最重要要素として盛り込んだのがこの「S.W.A.Tモード変身音」。一から新規音声データを作成して確実に収録いたしますので、ご安心ください!なお、以前の記事でも触れたとおり、ファイヤースクワッドレッドが使うF.S版SPライセンスには音声は入れていません。

Q.キャストボイスはどのくらい入っているの?

A.やや曖昧ですが、かなりたくさん入っています(笑)デカレンジャーの魅力の大要素として挙げられるのは、地球署の面々の個性豊かなキャラクターだと思っています。ホージーの「相棒って言うな!」やセンちゃんの「よっこらせ・・・っと。」など、デカレンファンなら一瞬でどのシーンか分かるようなセリフの数々を、玩具に搭載するICのキャパシティが許す限り詰め込むつもりで現在奮闘しております。
個人的に特にこだわったのは、通称『ジャスミン語録』!ジャスミンのおっさん臭い(?)名フレーズから、特にグッと来たものを厳選して収録しました。ぜひ現物でご確認いただけますと幸いです!また、劇中キャラクターの声だけではなく、古川登志夫さんのナレーションも魅力のひとつです。劇中何度も描かれた定型のナレーションはもちろん、「ウメコはエスパーでは無い。」(from Episode.17⇒通常版に収録)のくだりや、10years afterのラストを締めくくったあの感涙必至のフレーズ(⇒F.S版に収録)まで補完します。
これらのセリフは、基本的には「PHONEモード」の遊びの中で再生される仕組みを考えていますが、なりきりのシークエンスの中で鳴って欲しい内容(ジャッジメント中の「アリエナイザーに対しては・・・」など。)については、それぞれ適切なモードとシークエンスの中で発動させる予定です。

Q.商品の仕様はどうやって決めているの?

A.商品仕様を決める過程には色々とありますが、かい摘まんでご説明します。まずは旧商品を度々遊んでみて、残すべき良いところと、今ならもっと良くできるところを洗い出します。並行して本編を見返しながら、音声再現のモデルとなる話数やシーンを選んでいきました。「デカレンジャー」は変身シーンを取っても様々なパターンがあり確たる正解を決めるのは難しいのですが、バリエーションの平均を導き出すよりは、最も正統な流れで演出された特定のシーンを選び、それに沿った変身音を作るのが妥当だろうと考えこのような作り方をしています。
ちなみに通常変身音は第2話、S.W.A.T変身シーンは第34話、名乗りシーンの流れは第10話を音声作成の一次資料としました。
余談ですが、S.W.A.Tモードの変身プロセスが初めて詳細に描かれた34話でセンターにいたのは、デカレッドではなくデカグリーンなんですね!当時は気づいていなかったポイントでした。(笑)

Q.「CSMデンオウベルト」のような、動画での商品説明がないのは何故?

A.まず前向きなお話をすると、商品の予約受付期間中に、何らかの形で必ず動画レビューを行います!!その上で、なぜSPライセンスに動画説明が無いのかをご説明すると『急遽盛り込んだ機能が多すぎるあまり、実機サンプルが間に合わなかったから』というのが正直な理由です。
本編を見返しながら企画を練り込む中で「これも欲しい!」「あれもあるべきだ!」というギミックや音声が増えていき、結果的に当初想定されていた商品内容からはかなりボリュームアップしたものになりました。商品にとっては、より良い方向になっている(・・・と信じてやっている)のですが、仕様の追加には音声収録や動作プログラム作成にどうしても時間がかかるため、実際のサンプルを使ってのご紹介にはもう少しお時間をいただきたいと思っております。今暫くお待ちください。

Q.今後他のライセンスは出るの?

A.デカレンジャーには様々な種類のSPライセンスやブレスロットルが登場したことも印象的ですよね。我々企画チームとしては、他のスペシャルポリスが使うモデルも出したいという思いはもちろんあります!現時点で確たることを申し上げられず恐縮ですが、皆様のアツい声や、商品予約の好調といった要因が重なれば、十分にチャンスは見込めるものと考えます!ご期待ください。

Q.次に「戦隊職人」で出るなりきりアイテムは何?

A.こちらも現段階ではあえて厳密に決めていません。企画書レベルでのアイデアはストックがありますが、実際はみなさまの反応を見ながら柔軟に展開を変えていきたいと考えています。
『スーパー戦隊シリーズ』は作品ごとに熱狂的なファンの方がついていらっしゃるので、どの作品から何を出すかを決めるのは特に難しいんですよね。ここはぜひハッシュタグ「#戦隊職人」を使って、皆様からもご意見を発信いただけると幸いです!

いかがでしょうか。少しでも皆様の疑問や不安を解消できていると幸いです!!
SPライセンスは現在好評予約受付中!商品詳細は下記バナーからご確認ください。

 

気伝招来!「気伝獣・龍星王」レビュー


続いては「戦隊職人 DX大連王」についてです。まずお伝えしたいのですが、リクエスト予約数がついに3,000個を突破いたしました!!たくさんの応援、ありがとうございました!!これにて、「天宝来来の玉」全員プレゼントが確定です!!!

もちろん、今日以後にお申込みいただいたご予約に対しても「天宝来来の玉」は付属いたしますので、迷われていた方はこのチャンスをお見逃しなく。

そんな「大連王」について、今回からは各気伝獣の試作サンプルをご紹介していこうと思います。
まずはリュウレンジャーが操る「龍星王」から!

うおお~。改めて見ると、本当にカッコいいですね。何を隠そう私N野、自分の意志で初めて親に買ってもらった「DX戦隊ロボ」がこの龍星王だったんです。今27~29歳あたりの世代にとっては、”龍”といえば真っ先に龍星王が思い浮かぶのではないでしょうか。

戦隊職人版「DX大連王」は、前回記事でお伝えした通り「シール箇所のフル彩色化」が最大のバリューポイントとなっていますが、こと龍星王はその恩恵を顕著に受けている一体です。ここからは旧商品の写真と比較しながら、各部に寄って見ていきましょう。

まずは「頭部」。

旧版では黄色成形色だった2本のツノが落ち着いた色の金彩色に置き換わっており、この点だけでも見映えが大きく変わっています。
元々シールだった頬部分は、ディティールの造形追加によって情報量が増え、密度の高い仕上がりに。そしてそして、何といっても印象的なのは口と歯の彩色です!そう・・・実はシール部分以外にも彩色箇所が大量に追加されているのです。


口内と歯の彩色化による見映えの向上は、正面からの写真で見るとより分かり易いですね。ここに黒が入るだけで、全体の印象がグッと締まり精悍な顔つきに見えます。
1本1本塗られた歯は、ここにかかる工程の数を思うと少しゾッとしますが・・・フィギュアは顔が命。魂込めてこだわったポイントです!

続いて首から胴にかけてのエリアです。

こちらもまっ先に目に飛び込んでくるのは、各節に追加された黒彩色部分ではないでしょうか。
もはやこのまま撮影用のミニチュアとして使えそうなほどの再現度です。
シール部分は金の装飾が全て立体的な凸造形となっており、地のグリーンとのメリハリが効いています。もちろん前側だけでなく、尻尾側も同様の処理になっておりますのでご安心ください!

少し視点を下げて「前腕」周辺に。

旧版ではグレー成形色だった手のパーツも、親指含めて銀色になります。メタリックカラーの箇所が増えると、より『合体メカ』らしさが増しますよね。

最後は俯瞰で胴体部分を見てみましょう。

緻密な造形と彩色の使い分けによって、ベタッとした印象だった旧版から一気に見映えが向上しています。気伝獣状態だとあまり目に付かないポイントですが、気伝武人へ変形した際に胸~腰にかけて目立つ箇所となるので、非常に効果の高いディティールアップとなっています。

いかがでしたでしょうか。
数枚の写真だけでも、今回の戦隊職人版の魅力が一層具体的に伝わったかな…と思います!
来週の更新では、いよいよこの龍星王を気伝武人に変形させてみます!!

次回の更新は6月16日(金)17時!おたのしみに。

 
『#戦隊職人』でつぶやこう!!
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」のハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、商品はきっとより良いものになっていきます!

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール
【一般販売商品】
明日6月10日(土)発売!太陽&月の力 DXヒカリキュータマ
6月24日(土)発売!DXキュータマセット04

【プレミアムバンダイ販売商品】
好評予約受付中!カミツキ合体 ブレイブキョウリュウジンセット

好評予約受付中!ガブガブリボルバー&ガブガブリカリバーセット

好評予約受付中!戦隊職人 SPライセンス SPDセット

【商品化決定+天宝来来の玉プレゼント!】好評予約受付中!
戦隊職人 五星合体 DX大連王

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

みなさんこんにちは!スーパー戦隊玩具開発チームのN野です。「SPライセンス」に続き、今週からは「大連王」の予約受付もスタートしてますます勢いを増す戦隊職人シリーズですが、今回もこちらの話題からいきます!

ジャッジメント!SPライセンスのひみつ②

前回記事の「変身モード」解説に続き、今週は「ジャッジメントモード」のご紹介です。

デカレンジャーの「ジャッジメント」シーンといえば、いわずもがな作品全体を象徴する最も印象的な場面であり、判決を待つ時計のカウント音、うろたえるアリエナイザー、暗転した空間の中に浮かぶ「×」「○」のエフェクト・・・といった一連の描写は今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。

「戦隊職人版 SPライセンス」においても、この『ジャッジメント』の再現性については一際こだわって追求いたしました。ご注目いただきたいのは、何といっても「×」「○」盤面のLED点滅発光ギミックです!
当時品は盤面に電飾基盤が入っていなかったため、本体はあくまでシールでの表現に留まっていました。そのため常に「×」も「○」も見えている状態で、サウンド中心でジャッジメントシーンを再現していたことになります。

それもそのはず。実物を見ると一目瞭然なのですが、当時品は各モードを再現する内部のプレートが極めて薄い(約2mm)んです。当時の技術でこのプレートに電飾を仕込むことは現実的に難しかったんだろうな・・・と想像されます。
   ▲この画像は当時品のものです。

という訳で今回のリメイクに際しては、当時できなかったこの『×○発光』を意地でも再現することを最重要課題に据えていました。
内部機構を根本から見直してどうにか「○」プレート自体に電飾を入れられないかという観点から検討を進め、下図の薄型シート状LED基盤を使用することで発光ギミックを実現させています。

私自身、最近まで玩具の内部構造を知る機会はなかなかありませんでしたが、こんな精密そうな部品を玩具に使うこともあるんですね…。

これに加えて、本体側(「×」側)にもクリアパーツとLED基盤を搭載することで、ついに憧れの「×○交互点滅」が達成できました!

何気ないギミックのようですが、こういった仕様も精密な電子部品や設計技術の掛け合わせによって成り立っています。デカレンジャー放送当時からはや13年。なりきり玩具を支える開発技術の進歩とともに、まさに「未来の科学で!」のリメイクを目指します!!

さて、それでは具体的なジャッジメント遊びの流れを見てみましょう。
前回ご説明したとおり、今回のSPライセンスには①ノーマルモード②キャストモードの2パターン存在しますので、まずは①ノーマルモードの仕様から。

玩具では、SPライセンスのスイッチを一番下の「JUDGE」までスライドすると、ジャッジメントモード待機状態になります。

ここから天面のボタンを押下すると、『ジャッジメントターイム』というおなじみの電子音声と共に、時計のカウント音が始まります。
その間には、やはりこのセリフを脳裏に浮かべていただきたいところ。

「アリエナイザーに対しては、スペシャルポリスの要請により、遥か銀河の彼方にある宇宙最高裁判所から判決が下される。」

いよいよ判決!というタイミングでもう1度ボタンを押下していただくと、「×(デリート許可)」または「(デリート不許可)」いずれかの判決がアリエナイザーに下されます!

ちなみに、当時品における○×の分岐確率はそれぞれ50%-50%と、「デリート不許可」になる割合が結構高かったのですが、劇中で「○(デリート不許可)」になったのって、「グリーン・ミステリー」のブライディと、「サムライ・ゴーウエスト」のベートニンだけでしたよね・・・。
このような背景もあり、今回は「○」が出る確率をやや下げるつもりです。その方がより劇中に入り込んだ、気持ちの良いなりきり感を演出できるのではないか・・・と考えた次第です。

ノーマルモードのシークエンスは以上!続いては②キャストモードの仕様をご説明します。

キャストモードを起動してジャッジモードにスイッチをスライドすると、まずバンたちの声で「ジャッジメント!」と鳴ります。

その後ボタンを押下していただくと、ノーマルモードと同じサウンドの流れに被さる形で古川登志夫さんのナレーションが発動!もう一度ボタンを押すと判決が下り、「デリート許可!」のセリフが鳴ります(結果が「×」の場合のみ)。

ちなみにノーマル版のSPライセンスには、おまけ要素として冒頭の操作で数回に一度ほど、「エージェント・アブレラ」の罪状読み上げシーン(「レイン星人アブレラ!銀河消滅および、惑星間戦争における大量殺人の罪で!・・・ジャッジメント!!」)が発動するギミックも入れる予定です。

いかがでしたでしょうか?
お読みいただいた通り、このSPライセンスは「3機能」×「2モード」分のギミックがあるため、できる遊びが非常に深く広い仕様になっています。商品の予約受付ページだけではとても説明しきれないため、今後もこのブログで深く深く掘り下げた商品レビューを行って参ります!

今のところ購入を迷われている方も、このブログをお読みいただければ詳しい商品仕様が分かった上でご判断いただけると思いますので、ぜひ毎週アクセスいただけると嬉しいです。(お友達への拡散もお願いしますね!!笑)

さて、来週のトピックは順当に行くと『PHONEモードの解説』になるのですが、みなさまの反応を拝見していると商品仕様に対しての疑問や不明点も散見されるので、一度Q&A的な記事をまとめて、早い段階で諸々の不安を払拭させていただければと思っています!お楽しみに!!

気伝招来!「DX大連王」リクエスト販売受付スタート!

そして今回、もう1品取り上げたいのは・・・、先日ついに詳細情報が公開となった「DX大連王」リクエスト企画!!

・・・えっと・・・すみません。
ちょっとまだデカレン脳を引きずっているので、ダイレンモードに切り替えるためにまずは一発いいですか。せーの・・・。

 
転身だァァアアアアアアアアアアアッッッ!!!!!!!!!!!!

 
はい!!すっかり気力転身できました。

そうなんです!いよいよあの「DX大連王」復刻企画が始動いたしました!
1993年に放送された「五星戦隊ダイレンジャー」に登場する、いわゆる”1号ロボ”がこの大連王。戦隊シリーズ全体を見渡しても屈指の最強神話を誇り、対ゴーマという意味ではピンチというピンチも無いまま圧倒的なパワーで敵をなぎ倒し続けた無敵のロボです。

そんな大連王は「ダイレンジャー」の作品人気とともに今でも商品化要望の呼び声が高く、今回戦隊職人としては初となる「リクエスト販売」という仕組みによって復刻商品化のチャンスを得るに至ったという訳でございます。

さて、ではまずこの「リクエスト販売」とは何か?というお話ですが、端的にご説明すると「一定数以上の予約受付が成立したタイミングで、正式な商品化が決定する」という販売形態です。多少ニュアンスに差はありますが、最近よく聞く言葉で言うと”クラウドファンディング“に近い形でしょうか。

慣れない仕組みに違和感を覚える方も多くいらっしゃると思いますが、この販売方法に一定の成果が出た場合、以降あらゆるアイテムに対して復刻や新規商品化のチャンスが拡がることは間違いありません!これはただただ私の妄言ですが、歴代戦隊ロボが、ファンの皆様の支持とともに順々復刻されていく未来・・・なんて想像すると、ワクワクしませんか??

その第一陣を切る(?)今回の「大連王」リクエスト販売企画においては、『商品化確定』に至る数値を「2,000個」と設定させていただきました。この設定数を本当に超えられるのかどうかは、正直我々にとっても全くの未知数・・・。期待と不安が入り混じる思いで予約開始日を迎えました。
しかし!!一昨日リクエスト受付を開始させていただいたところ、なんとたった1日で2,000個以上のご予約を頂戴いたしました!!!つまり、現時点で「戦隊職人 DX大連王」の商品化は確定です!!予約数が時間を追うごとに増加していく様を見るにつれ、皆様のアツいダイレン愛をとくと目の当たりにいたしました。本当に感激したので、感謝の念を込めて改めて叫ばせてください。

 
気力だァァアアアアアアアアアアアッッッ!!!!!!!!!!!!(※最大級の感謝の念を込めて)

みなさま、改めて本当に有難うございました。

そんな「DX大連王」ですが、商品ページで明かされているとおり、ただの復刻版ではありません。とはいえ、変形プロセスやフォルムを見直し、可動を追加しまくったようなリニューアル版でもありません。
今回の商品は、いわば、「真・復刻版」と呼べるようなリメイクのあり方を狙っています。
具体的には、元々の「DX」版商品が持っていたモノとしての佇まい、シルエット、素材感といった『芯』となる部分は旧商品の良さと捉えてそのまま残し、当時品では実現できなかった価値や、お客様の不満として残ってしまった部分に対しては今の技術で手を加えようというコンセプトです。

SPライセンス同様、こちらも細々説明し始めると長くなりますので、まず今週は、先日提示していたヒントの3文字「貼」「逆」「回」の答え合わせを通して、仕様の特筆事項をなぞっていきましょう。

 
ひとつ目は、こちら!

「貼」・・・シール地獄からの解放だァァッ!!!!

「DX大連王」について玩具ファンの間で語り草になっているのが、通称“シール地獄”と呼ばれるユーザーシールの量です。
  ▲今のDXロボは基本的にすべて彩色仕様ですが、当時はシール貼り箇所がありましたね。懐かしい・・・!!!

私、過去には戦隊食玩を担当していた時期もあるのですが、この量は100%シール表現のみの「ミニプラ」をも軽く凌駕してます。その数、ざっと数えて約100枚!当時品を貶すつもりは全く無いのですが、軽く心をへし折られそうになりますね…(笑)
当時版がシール仕様だった理由を想像すると、ド派手な「中華」モチーフロボの装飾を彩色だけでは補完しきれなかったことが要因かと思いますが、今回の復刻に際しては、このシール部分を「全て」彩色表現に置き換えて商品化いたします!!
  ▲いわば“超絶増塗装版“!より劇中に近い見映えを実現します。

上図の通り、彩色を用いることでシールでは再現できなかった凸造形の側面や淵部分まで回りこんで色を足すことができるというメリットがあります。
また、シール箇所をただ彩色に置き換えただけでは見映えが非常に平坦になってしまうため、デザインの意匠に自然な凹凸の立体表現を付け加え、「ディティールアップ+彩色」というアプローチで見映えも追求しました。・・・こうした仕様をご覧になってお気づきかもしれませんが、当時品の金型はもう残っていないため、今回の商品化に際しては設計からすべて作り直しています!
  ▲各所にディティールが加わり、造形の情報量がグッと増しています。

100枚のシールを彩色に置き換えるとなると、彩色に掛かるコストの増加幅は想像を絶するレベルなのですが・・・折角復刻のチャンスですから、これくらいやらねば!!!という意気込みで踏ん張りました。旧DX版から圧倒的に進化した最大の価値ポイントとして、どうぞご期待いただけますと幸いです!

 
第2のポイントはコチラ。

「逆」・・・”逆鞘”の修正だァァッ!!!!

こちらも当時からずっと話題になっていたポイントですが、実は大連王が腰に付けている「大王剣」の鞘について、旧DX版では下向きに反った形状であるのに対し、映像作品では上向きに反っているという矛盾が生じていました。この問題を解消すべく、今回鞘の反りを劇中合わせの形状に作り直しています。

結果的に旧DX版と造形から変わってしまう部分なのですが、ここは改善した方が良いだろうという判断でリメイクしています。

 
最後はこれ!

「回」・・・首が回るぞォォッ!!!!

こちらは旧商品の不満解消というよりも単純なバリューアップとして盛り込んだ内容ですが、今回大連王(つまり龍星王も)の「首」が回るようになっています!!

何気ない変更ではあるものの、頭部を左右に振れるというだけで微妙なポーズの表情付けができるようになりとても楽しいです。
  ▲あれ、というかこの兜は?この大王剣は・・・!?

もちろん、首を回すために元々のシルエットを崩すような余計なアレンジはしておりません。首の軸を回転仕様に変更しているだけですので、この点はご安心ください!

そして、戦隊職人版で回るのは「頭部」の首だけではありません。もう一つお見せしたいポイントがあるのですが・・・。既に2記事分くらいの分量になりつつあるので本日はここまで!次週の更新に持ち越します!

今週の小ネタ

今日は小ネタとして扱うには贅沢すぎる話題です。笑
今回の「リクエスト販売」企画。商品化決定のボーダーラインは「2,000個」でしたが、予約数がもし「3,000個」に達した場合、なんとあの「天宝来来の玉 5個セット」をご予約いただいた全員にプレゼントいたします!!!

リクエスト予約数の進捗は受付ページに掲載されている天宝来来の玉の発光によって表現されていましたが、残るは最後の赤のみ!!これが点灯すればリクエスト3,000個が達成したことになります。実際のところ、現時点での予約数は3,000個到達まであと一息といって差支えないところまで来ておりますので、「普段玩具は買わないけど、ダイレンジャーだけは血眼で大好きだァァァァァッ!!」というお友達が近くにいらっしゃるようでしたら、是非本企画を教えてあげてくださいね!!

次回は「龍星王」のサンプルを中心に、より細かい仕様説明に入っていきます!更新は6月9日(金)17時です。どうぞお楽しみに◎

 
『東京おもちゃショー』戦隊職人、展示してます!! 
明日6月3日(土)より一般公開が始まる「東京おもちゃショー2017」にキュウレンジャーブースが登場!!「宇宙戦隊キュウレンジャー」の玩具と合わせて、「戦隊職人」アイテムの展示も行います。「戦隊職人 DX大連王」を展示するのは、今回が初めて!是非遊びにいらしてください。
※当日は大変混み合います。入場制限をさせていただく可能性がありますので予めご了承ください。

『#戦隊職人』でつぶやこう!!
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」のハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、商品はきっとより良いものになっていきます!(既にたくさんのご意見、ありがとうございます!とても参考になっています!!!)

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール
【一般販売商品】
好評発売中!キュータマ合体02,10,11 DXリュウテイオーセット
好評発売中!キュータマ合体10 DXリュウボイジャー
好評発売中!キュータマ合体11 DXコグマボイジャー&オオグマボイジャー
好評発売中!キュータマ合体 DXキュータマコクピットセット02
好評発売中!DXキュータマセット03

【プレミアムバンダイ販売商品】
好評予約受付中!カミツキ合体 ブレイブキョウリュウジンセット

好評予約受付中!ガブガブリボルバー&ガブガブリカリバーセット

好評予約受付中!戦隊職人 SPライセンス SPDセット

リクエスト販売予約受付中!! 戦隊職人 五星合体 DX大連王

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

みなさんこんにちは!スーパー戦隊玩具チームのN野です。

今回からは、いよいよ本ブログの定期更新がスタート!以降毎週金曜日17時に最新記事を更新いたします。当面は「戦隊職人」の話題を中心としつつ、最新の戦隊トイ情報をバシバシ公開していきますので、是非ご注目いただけますと幸いです。

チェンジスタンバイ!SPライセンスのひみつ①

まずは前回記事に引き続き「SPライセンス」の話題から。

今週は商品のキモである《「変身」モード》についてレビューします。

御存じのとおり、SPライセンスには「CHANGE」、「PHONE」、「JUDGE」の3機能が搭載されており、側面のスイッチを操作することで各モードを切り替えられます。

スイッチをスライドさせると各モードの位置で「カチッ」と止まるように出来ており、この絶妙な操作感・ガジェット感がなりきり気分をますます高めてくれます!ライセンス自体ちょうど大人の手にすっぽり握れるサイズ感なので、いつも持ち歩きたくなっちゃいます。

それでは早速ですが、ノーマル版の「SPライセンス」を使ってデカレンジャーに変身してみましょう。

※ここから先はみなさんのイマジネーションを活用して、重妄想気味でお読みください!※

変身モードのスイッチは一番上です。

まずは「チェンジスタンバイ!」とセルフで叫んでいただきつつ、スイッチを勢いよくスライドさせます!
せーの、「チェンジスタンバイ!」

 
・・・あれ、声が小さいですね?

 
これではデカベースまでコールが届きません!もう一回行きますよ。せーのっ、「チェンジスタンバイ!」
(「ロジャー!!!)

 
続いて「エマージェンシー、デカレンジャー!」のコールに合わせてSPライセンスを正面にかざします。

同時に天面のボタンを押下すると変身音が発動!!両側のパトランプが点滅し「ファンファンファン…」とサイレンが鳴り始めます。
▲発光イメージ。パトランプの交互発光も再現予定です!

デカレンジャーの変身音について、当時品の玩具は約3秒程度に短くまとまっていましたが、本編劇中では後述する“アレ”の影響もありかなり長尺です。そのため戦隊職人版は、5人揃いの変身が詳細に描かれた『episode.2』の変身シーンをベースに、より本編に寄せた形で一から作り直しを行いました。変身開始からデカメタル転送~デカスーツ実体化~跳躍~フェイスオン~変身完了!までの流れが一連になった変身音が収録されています!

という訳で、変身音が始まるとしばらくの間サイレン音が続くのですが、この間に脳裏で再生していただきたいのはもちろん”アレ“です。
「コールを受けたデカベースから、形状記憶宇宙金属デカメタルが微粒子状に分解され送信される。そして、彼らの身体の表面で定着し、デカスーツとなるのだ!」

・・・よし決まった!と思ったら、高らかに「フェイス・オン」と叫んでください!
その後の名乗りはお任せしますが、こちらでひとまず変身完了!皆様の脳内には既に、サイキックラバーのアツいオープニングがフルボリュームで流れ始めていることと想像します。

・・・が、しかし!!!!!

これだけでは当時品と変わりません!!!!変身遊びができる時点でなりきりトイとしては必要十分でありつつも、このままでは今再び出す意味が薄まってしまいます。

という訳で!今回の『戦隊職人版』では、デカレンジャーファンの皆様にもう一段楽しんでいただくべく、先ほど挙げたすべてのセリフを、ホンモノのキャストボイスで再現したスペシャル変身音も収録しました!!
ノーマル版ライセンスを例にシークエンスを説明すると、下記のようなイメージです。

バン「チェンジスタンバイ!」
ホージーセンジャスミンウメコ「ロジャー!」

全員「エマージェンシー、デカレンジャー!」
変身音開始(「ビギャーン!ファンファンファン・・・」)

ナレーション(古川登志夫さん)「コールを受けたデカベースから、形状記憶宇宙金属デカメタルが微粒子状に分解され送信される。そして、彼らの身体の表面で定着し、デカスーツとなるのだ。」(「ファン・・・ファン・・・」継続中)

全員「フェイス・オン!」(続けて「ジャキーン」サウンド)

変身完了!

 
ぅぉおォ燃えるゥッ!!!!!!!
・・・手前で勝手に盛り上がってすみません、テンションが上がり過ぎましたが、上記のシークエンスが一連で楽しめてしまうこのスペシャル変身音。滾る気持ちを抑えろという方が難しいです・・・!

(落ち着きを取り戻しつつ・・・)ちなみに、「チェンジスタンバイ!」とか「ロジャー!」といったセリフは本来変身する前の掛け声ですので、ボタンを押すに鳴らないと変ですよね。
この辺は自然な流れでシークエンス再現ができるように色々と工夫しておりますので、いずれ改めてご紹介いたします!!

改めて、今回の商品化に際してはデカレンジャーの5人(デカレッド/赤座伴番役・さいねい龍二さん、デカブルー/戸増宝児役・林剛史さん、デカグリーン/江成仙一役・伊藤陽佑さん、デカイエロー/礼紋茉莉花役・木下あゆ美さん、デカピンク/胡堂小梅役・菊地美香さん)に加え、ドギー・クルーガー役の稲田徹さん、さらにはナレーション・古川登志夫さんといった超豪華キャスト陣のセリフ新規収録が実現しました。
戦隊ファンの皆様ならご想像いただけるかと思いますが、やはり放送終了後10年以上の時を経て、オリジナルメンバーが「集まれる」こと自体、かなり奇跡的なことだったりします。映像作品でもハードルが高いところを、玩具音声のために再結集していただけるなんて、次いつ実現できるのか分からないほどにスペシャルなことですよね。千載一遇、空前絶後!!と言うべきこのチャンスを最大限に活かし、実は変身シークエンス以外にも思い出深い名台詞の数々をたっぷり収録しておりますので、乞うご期待!(この辺のお話は長くなりそうですので、また後日・・・)
キャストの皆様の声はちょうど先日録り終えたのですが、その熱量はまさに当時のまま!ほとんどのセリフが一発録りでOKになってしまうほどのクオリティで、私自身この声をSPライセンスから聴けるのが楽しみでなりません。皆様にご満足いただけるレベルのものに仕上げられるよう、これから丹念に音声編集作業を進めて参ります!

そしてそして・・・。
ある意味キャストボイス以上に皆様の期待が集まっているポイントかと想像しますが、実は今回、当時品からの文字通りパワーアップ要素として、ノーマル版には「S.W.A.T.モード」変身音も初収録しております!!!当時品をお持ちの方は、長らくお待ちいただいたポイントだったのではないでしょうか・・・?
もちろん、バンたちの「S.W.A.T.モード、オン!」のセリフも入っておりますので、こちらもお楽しみに。

ちなみにファイヤースクワッドレッドはS.W.A.T.モードには変身しない(というか常時している?)ためF.S版ライセンスにS.W.A.T.モードへの変身サウンドは入れていませんが、その分バンのセリフを重点的に収録!「10years after」や「スペース・スクワッド」の内容までフォローし、2017年の今商品化する恩恵を最大限持たせた仕様で商品化いたします!!

今週の小ネタ

先ほど「キャストボイス」入りの変身音を大々的にアピールしましたが、一方で「変身アイテムは自分でなりきるのが醍醐味でしょ!」とか「キャストボイスは嬉しいけど、変身なりきりとは別で楽しみたい」というご意見が出ることもなんとなく想像がつきました。
そのため、今回の「SPライセンス」では、試験的にある機能を取り入れています!

ひみつは背面の電源スイッチ。ここがいつもの電源ON・OFFに加えてもう1段スライドできるようになっているのですが、実はこれが「キャストモードON」の役割を果たしており、これによって変身シークエンス発動時のセリフの有無が選択できるんです!

つまりは『自分自身が本意気でなりきる変身』と、『本編どおりの声でシークエンスを振り返って楽しむ変身』とを切り分けて楽しめるということです。小さなことではありますが、意外と嬉しいこの仕様!まさに「完全新規造形だからこそできた+α」のご紹介でした。

余談ですが、「変身音を豪華に作り直した」といっても、本編では毎度フル尺の変身シーンが描かれる訳ではないですよね。この辺の妙味もなるべく仕様に盛り込みたいと思っておりまして、今「短縮版」の変身音を試作しているところなので、ご期待ください!!

 
まだまだ語りたいことは多いですが、本日の「SPライセンス」レビューはここまで。
実はもう1つ、SPライセンスと時を同じくして告知されていた、とっておきのアイテムが控えていることをご存じでしょうか・・・?

そう、そのアイテムは・・・
《戦隊職人 五星合体 DX大連王》!!

現状詳細がほとんど明かされていないこの「大連王」リクエスト販売企画。
実はこちらにも、激烈な魅力要素がたんまりと詰め込まれています!本日は5月31日(水)予定の詳細発表に先立ち、本企画を象徴する3つの漢字をヒントとして提示させていただきます!その漢字とは・・・
」・「」・「」!!
思い当たる要素があるような、ないような・・・(笑)
色んな妄想が湧きだしてきますが、実際の商品には『ダイレンジャー』直撃世代の私から見ても「これは!」と思う胸アツ仕様が揃っておりますので、ワクワクしながらお待ちいただけると幸いです!

という訳で、今日の更新は以上!
次回は「SPライセンス」ジャッジメントモードの紹介と、いよいよリクエスト販売開始となる「大連王」の詳細に迫ります!6月2日(金)17時の更新をお楽しみに◎

『#戦隊職人』でつぶやこう!!
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」のハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、商品はきっとより良いものになっていきます!

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール
【一般販売商品】
好評発売中!キュータマ合体02,10,11 DXリュウテイオーセット
好評発売中!キュータマ合体10 DXリュウボイジャー
好評発売中!キュータマ合体11 DXコグマボイジャー&オオグマボイジャー
好評発売中!キュータマ合体 DXキュータマコクピットセット02
好評発売中!DXキュータマセット03

【プレミアムバンダイ販売商品】
好評予約受付中!カミツキ合体 ブレイブキョウリュウジンセット

好評予約受付中!ガブガブリボルバー&ガブガブリカリバーセット

好評予約受付中!戦隊職人 SPライセンス SPDセット

5月31日(水)リクエスト販売開始予定 戦隊職人 五星合体 DX大連王

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

1 / 212