バンダイ公式デジモンオフィシャルポータルサイト

バンダイ公式デジモンオフィシャルポータルサイト

デモンクロニクルエックス

X抗体デジモンとは

「Xプログラム」の脅威から逃れるため デジコアに「X抗体」を宿したことで、通常の進化とは異なる 「X-進化」を遂げた 「X抗体デジモン」と呼ばれるデジモンが存在している。 現在判明しているだけでも、90種以上のX抗体デジモンが確認されているようだ。

X抗体デジモンとは

プロジェクトアーク

デジモンの成長や進化、個体数の増加により近い将来デジタルワールドは
ストレージ許容量を超えようとしていた…。

限界を超えればデジタルワールドは崩壊する、その事態を避けるため「イグドラシル」は、別パーテーションに創造した「ニューデジタルワールド」に選ばれたデジモンのみを転送した。

旧デジタルワールドに残されたデジモンたちは「ロイヤルナイツ」や「Xプログラム」によって消去されたのだった…

第1章

プロジェクトアーク発動後、旧デジタルワールドはXプログラムによって汚染されたために死の世界と化し、厳重に封鎖されていた。

しかし十数年の時を経て、Xプログラムの濃度はデジモンの身体にただちに影響を与えないレベルにまで薄まり、イグドラシルは旧デジタルワールドの現状調査をロイヤルナイツに命じた。

そしてクレニアムモンスレイプモンはイグドラシルからX抗体を与えられ、万全の状態で旧デジタルワールドへと向かうのだった。

第1章

第2章

クレニアムモンスレイプモンが旧デジタルワールドの調査から帰還した。彼らは、自分たちが見てきた旧デジタルワールドの現状をロイヤルナイツの面々の前でイグドラシルに報告。それは、管理者を失った旧デジタルワールドは無秩序状態となり、旧デジタルワールドの覇権を欲するデジモン達が各地で紛争を起こし、戦闘の絶えない混乱状態に陥っているというものだった。

乱世渦巻く旧デジタルワールドの秩序を取り戻すためには、自分達の力だけではどうにもならないと悟ったクレニアムモンスレイプモンは、もう一人ロイヤルナイツを新たに調査隊に加えることを提案した。

第2章

第3章

一連の話を聞き、クレニアムモンらの提案も受けて、指名されたジエスモンも快諾し、クレニアムモンスレイプモンの旧デジタルワールド再突入任務に、X抗体を託されたジエスモンが加わることとなった。クレニアムモンらと共に旧デジタルワールドへと突入したジエスモン。そこにはクレニアムモン達が話していたとおり、そこかしこで紛争が巻き起こる凄惨な光景が広がっていた。惨状を見かねたジエスモンは、この混乱を収めるための妙案を思いつく。

第3章

第4章

旧デジタルワールドの混乱を収めるための妙案、それは旧デジタルワールドにおけるこの覇権争いにルールを設けること。
そのルールとは、各エリアを統治しているデジモンに1対1で勝利すれば、自陣のエリアを広げられるというもの。勝ち進みエリアを拡大していき、そして最後のエリアを勝利したデジモンには、この旧デジタルワールドの未来を決める権利を与えるというものだった。
この案に、最初は「危険なアイディアだ」とスレイプモンは切り捨てたが、「悪しき者が勝ち残らないように、自分たちも旧デジタルワールドの一部エリアを統治して参加しよう」と更にジエスモンが提案すると、武人気質のクレニアムモンは大いに賛同。
こうして、ジエスモンの提案したルールを旧デジタルワールド中に告示することとなった。

いま、旧デジタルワールドの未来を賭けた最大のバトルが始まる。

PAGE TOP